高木豊のパ・リーグ順位予想は王者オリックスがまさかの5位。連覇への懸念材料は「交流戦」と「達成感」
拡大する(全1枚)

プロ野球2022開幕特集
高木豊 パ・リーグ順位予想

 3月25日、いよいよプロ野球が開幕する。昨年、パ・リーグでは25年ぶりにオリックスがリーグ優勝を果たし、常勝軍団ソフトバンクが8年ぶりにBクラスに転落。今年はそのソフトバンクが新監督を迎え、日本ハムに未知数の新庄監督が就任するなど、例年にも増して混戦の様相を呈しているパ・リーグ。

 かつて大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏に、パ・リーグの順位予想とともに展望を聞いた。

高木豊のパ・リーグ順位予想は王者オリックスがまさかの5位。連...の画像はこちら >>

リーグ優勝のバーチャルパレードで手を振るオリックスの吉田正尚(右)と中嶋聡監督

【1位予想:西武】

――順位予想では、昨年最下位に沈んだ西武を1位とされました。1位予想の理由は?

高木豊(以下:高木) 投手陣の不安定さが解消されつつあります。髙橋光成、今井達也、松本航が経験を積んできて、ドラフトで隅田知一郎と、リリーバーとして起用されるであろう佐藤隼輔という即戦力の左腕が加入するなど、徐々に戦力が整ってきました。クローザーは平良海馬がいて、あとは増田達至が復活するかどうかですね。打線が強力なので、隅田はふたケタ勝つ可能性も十分あると思います。

 打線では山川穂高が復活すると見ています。昨年はずっと調子が悪かったのですが、シーズンの終わりかけによくなったんですよね。ポンポンとホームランが出ていい形で終われたので、4番をしっかり務められたら上位を狙える。優勝できるかどうかのキーマンは山川だと思います。

――昨年、ケガをする前の44試合で20盗塁をマークした若林楽人選手の復帰も待たれます。

高木 今年は復帰すると思いますが、左膝前十字靱帯の損傷だったので、ケガする前のようなパフォーマンスが出せるのか。僕は現役時代に大きな足のケガはしなかったのではっきりとは言えませんが、前十字靱帯の損傷が多いサッカー選手の復帰後のパフォーマンスを見ると、足の速さとかはケガ前とあまり変わらないですよね。若林もまだ若いので、それほど心配はないかなと。

 あと、中村剛也や栗山巧は年齢的に全試合出場が難しいです。その一方で昨年、レギュラーにケガ人が続出したこともあり、岸潤一郎や愛斗といった若手の選手たちが経験を積みました。ケガの功名で培ったものをパフォーマンスとして出せるかどうかもチームの浮沈のポイントになりそうです。