菊池雄星に地元紙の評価は真っ二つで年俸は「過払いになる」の声も。鈴木誠也には予想成績からも大きな期待
拡大する(全1枚)

 春の訪れは突然だった。3月10日(現地時間:以下同)、昨年末からメジャーリーグ機構と選手会間で行なわれていた新労使協定が「暫定合意に至った」と発表された。3カ月以上に渡り続いた交渉は、ようやく両者ともに納得ができる内容にまとまったようだ。

 一時は、シーズンの開幕が大幅に遅れ、試合数も削減されるとも噂されていたが、その心配もなくなった。今季の開幕戦は当初から約1週間遅れの4月7日に決まり、それまでにキャンセルされた最初の2カードもすでに振替られ、予定どおり全162試合で実施されることが決まっている。

菊池雄星に地元紙の評価は真っ二つで年俸は「過払いになる」の声...の画像はこちら >>

ブルージェイズ入りした菊池(左)とカブス入りした鈴木

 新労使協定合意後は、ことがあっという間に進んだ。3月13日には春季キャンプが始まり、17日にはオープン戦がスタート。中断されていたFAやトレードといった交渉も数日で続々と決まっている。大型のFA選手の動きも同様だ。例えば、ブレーブスからFAとなっていたフレディー・フリーマン一塁手は、ドジャースと6年1億6200万ドル(約192億円)の契約を結び、クリス・ブライアント外野手(元ジャイアンツ)は7年1億8200万ドル(約210億円)でロッキーズと契約合意したことが、どちらも16日に発表されている。

 次の所属先が決まらないまま長い冬を越した彼らにとって、3月10日以降の一週間はまさに激動だったが、日本人選手たちもこの流れに乗った。昨オフにマリナーズを退団してFAとなっていた菊池雄星と、ポスティング制度でメジャー移籍を表明した鈴木誠也も所属先を決めている。

 菊池雄星は、3月14日にブルージェイズと3年総額3600万ドル(約42億円)で契約を結び、背番号は日本時代と同じ「16」をつけることが発表された。翌15日の入団会見で菊池は、「世界一を目指している、すばらしい球団だという印象がある」と語り、交渉でチームから送られた約8分のビデオメッセージ(チームや本拠地トロントの街を紹介する内容)は、「自分の中ですごく大きなものでした」とも述べ、これらがブルージェイズへ入団を決断する決め手になったと明かしている。

 菊池のブルージェイズ入団は電撃的だった。菊池は国内メディアから、入団を決めるまでどれだけ時間を要したかを問われると、「決断するのに時間はかからなかった。一日くらいで決めたと思う」と話している。ブルージェイズ側も、菊池の変化球(カットボール)と速球、そして耐久性(1年間ローテーションを守れること)に魅力を感じていたという。これは同球団のロス・アトキンスGMが記者会見で話していたことだ。菊池のブルージェイズ入りは両者の相思相愛によって実現したと言えるだろう。