真中満のパ・リーグ順位予想「言い方は悪いが5強1弱」。優勝は「大化けの可能性がある」ルーキー2投手がいるチーム
拡大する(全1枚)

プロ野球2022開幕特集
真中満インタビュー中編 パ・リーグ順位予想

3月25日、いよいよプロ野球が開幕する。昨年、パ・リーグでは25年ぶりにオリックスがリーグ優勝を果たしたが、今年はどんな戦いが繰り広げられるのだろうか。ヤクルトでの現役時代に計4回の日本一を経験し、監督として2015年リーグ優勝を果たしている真中満氏に、パ・リーグの順位予想をしてもらった。

真中満のパ・リーグ順位予想「言い方は悪いが5強1弱」。優勝は...の画像はこちら >>

真中満氏は西武のパ・リーグ優勝を予想。山川穂高は「復調傾向にある」と期待

「5強1弱」日本ハム以外のし烈な優勝争いに

ーー前編のセ・リーグ編に続いて、中編はパ・リーグの順位予想をお願いします。さっそくですが、発表していただけますか?

真中満(以下、真中)
 パ・リーグはこのように予想しました。

1位・埼玉西武ライオンズ 

2位・千葉ロッテマリーンズ 

3位・東北楽天ゴールデンイーグルス 

4位・オリックス・バファローズ 

5位・福岡ソフトバンクホークス 

6位・北海道日本ハムファイターズ

ーーおぉ、こちらも興味深い結果となりました。昨年最下位の西武を優勝予想して、「ビッグボス」の日本ハムは最下位に。まずはパ・リーグ全体について、どう見ているのかを教えてください。

真中 僕の考えでは、日本ハムだけがちょっと戦力的に苦しいかなという印象です。でも、それ以外の5球団は、1位から5位までどんな順位でもあり得る。言い方は悪いかもしれないけど、「5強1弱」というのが、僕の見立てです。

ーー新庄剛志ビッグボスはさまざまな話題を振りまいていますが、優勝争いはまだ厳しそうでしょうか?

真中 計算できるピッチャーとして、上沢直之と伊藤大海以外がちょっと厳しく感じるんです。サウスポーの加藤貴之を加えても、4番手以降の名前が挙がってこない。打線も新庄監督がいろいろ試行錯誤しているけど、期待の若手がまだ育ちきっていない。オープン戦では4年目の万波中正が頑張っているけど、まだ粗削りだし......。

ーーオープン戦では、くじ引きで打順を決める「ガラポン打線」も話題になりました。

真中
 発想としてはおもしろいと思いますよ。でも、選手それぞれ生活がかかっているのにガラガラポンで打線を決めるのは、オープン戦ならではの試みだとは思いますけどね。ただ、厳しい言い方になるけど、オープン戦に起用されている若手選手に関しては、近藤健介以外は誰を起用してもそんなに変わらないからこそ可能な試みだと思うんですよね。

ーーそうなると、上位進出は厳しそうですか?

真中 今年に限って言えばそうなりますね。オープン戦でチャンスをもらった若手選手がどこまで結果を残せるか。そして、ピッチャーで言えばポンセとガンソ、バッターで言えばヌニエス、アルカンタラと新外国人に頼らざるを得ないのが現状だと思います。