真中満「ヤクルト連覇の可能性は60%」。村上宗隆ら打線を分析、投手陣の不安要素も語った
拡大する(全1枚)

プロ野球2022開幕特集
真中満インタビュー後編 ヤクルト連覇のカギ

3月25日、いよいよプロ野球が開幕する。今回、東京ヤクルトスワローズでの現役時代に計4回の日本一を経験し、監督として2015年リーグ優勝を果たした真中満氏に今季のプロ野球を展望してもらった。前編ではセ・リーグ、中編ではパ・リーグのそれぞれ順位予想を聞き、セ・リーグではヤクルトを1位としている。昨年20年ぶりの日本一に輝いた高津臣吾監督率いるヤクルトは、はたして連覇達成となるのだろうか。後編は、真中氏にヤクルト連覇の可能性を尋ねる。

真中満「ヤクルト連覇の可能性は60%」。村上宗隆ら打線を分析...の画像はこちら >>

真中満氏はヤクルトを優勝予想。投打の期待や課題を語った

連覇の可能性は「60%」、その心は?

ーー元優勝監督である真中さんに、ヤクルト連覇の可能性をズバリ伺います。

真中満(以下、真中) 結論から言うよ、ヤクルト連覇の可能性は60%ぐらいかな(笑)。

ーーなるほど。その理由とは?

真中
 やっぱり、前年の日本一チームだから、そもそも戦力は整っていますよ。選手たちが故障もなく、普通に機能すれば優勝争いにからんでくるし、優勝もできると思います。不安があるとすれば中継ぎ陣ですよね。今野龍太にしても、清水昇にしても、マクガフにしても、去年と同様のピッチングができるのか? 去年の開幕当初にクローザーだった石山泰稚も、ここ数年は少しずつスピードも落ちてきているのが気がかりかな。

ーーしょっぱなから不安要素が挙がってきましたね(笑)。

真中 さらに今年からは延長12回制になるから、去年までよりも中継ぎ陣の登板機会は増えるのは間違いない。その点でも、髙津監督のやりくりに注目が集まると思いますね。たとえば今野や清水が3連投となる時に、昨年までは同点かビハインドの場面で登場していた大西広樹、大下佑馬、星知弥などがパッとそのポジションを埋めてくれると助かるんだけどね。

ーーいかに、昨年までの「勝利の方程式」を担った中継ぎ陣の負担を減らすかというところが大きなポイントとなりそうですね。

真中
 そのためには代わりのリリーフ投手が登場することも大切だけど、先発陣が少しでも長いイニングを投げることも重要になりますよ。昨年台頭した奥川恭伸にしても、高橋奎二にしても、幸いにしてまだ若くて体力があるから、先発陣が7回まで投げきってくれれば、「勝利の方程式」の3人のうち、ひとりは休ませられる。そうすれば、「今野、清水」「今野、マクガフ」「清水、マクガフ」という少し余裕のある起用が可能になりますからね。