高松宮記念は好配当なるか。パワー要する馬場で力を発揮できる舞台巧者2頭に要注意
拡大する(全1枚)

 春のGIシリーズがいよいよ開幕。第1弾は「春のスプリント王決定戦」となるGI高松宮記念(3月27日/中京・芝1200m)だ。

 昨年は、2番人気が1着、1番人気が2着、3番人気が3着と順当な結果に終わったが、実は1番人気は目下5連敗中。過去10年の成績を見ても1番人気はわずか2勝と、"荒れる"ことも多いレースと言える。実際、3連単では2年前に20万円超え、3年前には400万円超えの高額配当が生まれている。

 そして今年のレースも、日刊スポーツの松田直樹記者は「混戦模様で波乱ムードにある」と言う。

「というのも、今年は久々にスプリント戦のGI馬がいない戦いとなりましたからね。レシステンシア(牝5歳)、サリオス(牡5歳)、グレナディアガーズ(牡4歳)とGI馬は3頭出走しますが、いずれも勝っているのは2歳時のマイルGI。付け入る隙は十分にあると見ています。

 実際、レシステンシアはスプリントGIでも2着3回とここでは抜けた実績を誇りますが、今回は昨年末の海外GI香港スプリント(2着。12月12日/香港・芝1200m)からの帰国後初戦。サリオスとグレナディアガーズにしても、ともに今回が初の1200m戦でどれだけ対応できるのか。それぞれ不安材料を抱えており、穴馬の台頭があってもおかしくないと思っています」

 加えて、週末の天気の崩れが「波乱ムードに一層拍車をかけそう」と松田記者。

「この週末はかなりまとまった雨が降る予報が出ています。AコースからBコースに移るとはいえ、引き続き時計勝負というより、パワーが求められる馬場状態になるのではないでしょうか。そうなると、やや特殊なスプリント戦になりそう。意外な馬の大駆けに、一段と期待が膨らみます」