鍵山優真が直面した五輪メダリストという重圧。ミスの背景に「『もしかしたら』の気持ちが心の端にあったかも」
拡大する(全1枚)

「もしかしたら」の気持ちが裏目に

 羽生結弦やネイサン・チェン(アメリカ)の不在で、北京五輪メダリストである鍵山優真と宇野昌磨の優勝争いになると見られていた、世界フィギュアスケート選手権。18歳の鍵山にとってこの大会は、戦いにくいものになったはずだ。シニアデビューした昨シーズンの世界選手権は、羽生結弦を抑えてチェンに次ぐ2位。そして、今シーズンの北京五輪も2位で、この大会では優勝候補のひとりになっていたからだ。

「優勝や表彰台は気にしないようにと思っていたけれど、自分のなかでは『もしかしたら』という気持ちが、本当に心の端っこにあったのかもしれない。メインに考えていたのはノーミスをすることだったけど、緊張感を高めてしまい、それが演技に出てしまったのかなと思います」

鍵山優真が直面した五輪メダリストという重圧。ミスの背景に「『...の画像はこちら >>

世界選手権で2年連続2位となった鍵山優真

 フリーのあと、鍵山がこう語ったように「まだ挑戦者だ!」とは思っていても、心のなかには抑えきれない思いはあった。プレッシャーがかかる舞台だった初出場の五輪では、チェンの強さに圧倒されたが、先輩の宇野には17点以上の差をつけ、自己最高の310.05点での2位。その結果を無視しろ、と言うほうが無理な話だった。

 3月24日、ショートプログラム(SP)は、前の組で代役出場となった友野一希がノーミスの滑りで101.12点の高得点を出していたあとの演技だった。最初の4回転サルコウは北京五輪より0.55点高い4.57点の加点をもらうジャンプとし、次の4回転トーループ+3回転トーループの3.53点の加点と自己最高得点を更新するペースで滑り出した。

 だが、後半のトリプルアクセルでは着氷を乱し、0.34点の減点。

「4回転2本はこれまでの試合や練習と比べてもバツグンにいいものだったので、それでびっくりしてトリプルアクセルは少し慎重になり、練習のように思いきっていけなかった。滑りと体の軌道が違ってしまい、転ぶかと思った」

 鍵山がこう説明するように、心にわずかな乱れが出た結果だった。