セレッソ大阪が強い。王者・川崎を撃破、前評判を覆す躍進には理由がある
拡大する(全1枚)

 少しばかり大袈裟に表現すれば、ここ数年のJリーグで最も衝撃的な試合だったかもしれない。

 J1第6節、川崎フロンターレがホームの等々力で敗れた。それも、1-4というまさかのスコアで、だ。

 川崎が足かけ3シーズンで築いたホームでの連続無敗記録は、J1最多タイとなる25試合(22勝3分け)まで伸びていた。

 川崎は、この試合に勝ってJ1新記録達成、のはずだった。

 だがしかし、終わってみれば、最多記録達成どころか、次々と失点を重ねてよもやの大敗。そんな波乱のゲームで主役を演じたのは、セレッソ大阪である。

 立ち上がりから果敢なプレスを仕掛けたC大阪は、前半13分、FW加藤陸次樹がプレスバックで奪ったボールをすぐさま縦へと運び、最後はMF乾貴士がゴール前のこぼれ球を押し込み、先制に成功。

 すると、前半28分にも自陣で奪ったボールを左サイドでつないで運び、これまた、最後は乾が決めて追加点。たちまち2点のリードを奪った。

 C大阪の小菊昭雄監督が誇らしげに語る。

「川崎相手に、(下がって)ゴールを守る守備をするとやられてしまう。今まで積み上げてきたサッカーで、勇敢に、アグレッシブにボールを奪いにいく。そして、常にゴールを目指してボールを動かす。選手全員が同じ思いを共有してすばらしいゲームができた」

 その後、前半36分にもFW山田寛人がゴールを決め、前半のうちにリードを3点に広げたC大阪は、後半68分にも再び山田が決めて4-0。