安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」
拡大する(全3枚)

安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬...の画像はこちら >>

阪神JFを制して「2歳女王」の座に就いたのはサークルオブライフだった

 今年も3歳春のクラシックシーズンを迎える。まずは、牝馬の戦い。第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)が4月10日に行なわれる。

 例年同様、今年も実力的に差のない有力馬が何頭かいるうえ、未知なる可能性を秘めた伏兵陣も多数控えており、激戦必至の様相だ。世代の頂点に立つのはどの馬か。それを見極めることは、非常に難解を極める。

 そうした状況を鑑みれば、今年もまた、競走馬の分析に長(た)けた専門家の見解を事前に聞いておくべきだろう。

 そこで今年も、元ジョッキーの安藤勝己氏を直撃。桜花賞、さらにはGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)と、牝馬クラシックに挑む面々の実力診断を依頼した。そのうえで、独自の視点による「3歳牝馬番付」を選定してもらった――。

安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」

安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」
横綱:ナミュール(牝3歳)
(父ハービンジャー/戦績:4戦3勝、着外1回)

 前走のGIIチューリップ賞(1着。3月5日/阪神・芝1600m)が、強い競馬だった。道中はスムーズではなかったし、最後の直線でも窮屈になるところがあった。それでも、前が開いてから使った脚がすごかった。

 あの終(しま)いの脚は一級品。決していいレースをしたとは言えないのに、最後はきっちり差しきって勝ってしまうのだから大したもの。そのレースぶりからしても、この馬が横綱でいいと思う。

 昨年末、1番人気に推されたGI阪神ジュベナイルフィリーズ(4着。12月12日/阪神・芝1600m)で負けたのは、出遅れたことよりも、前走からの間隔が詰まっていたことが要因。馬がイライラしているように見えた。


この記事の画像

「安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」」の画像1 「安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」」の画像2 「安藤勝己が徹底検証。桜花賞、オークスの行方がわかる「3歳牝馬番付」」の画像3