南原清隆が栗山英樹監督に聞く侍ジャパンでの決意。勝つための決断ができないなら「監督をやめなさいと思っている」
拡大する(全3枚)

 10年間、北海道日本ハムファイターズを指揮した栗山英樹が侍ジャパンの監督に!
来春開催予定のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝が期待されるなか、栗山新監督はどんな選手を選び、どのようなチームを作ろうとしているのか?

 テレビ朝日の人気スポーツ番組『GET SPORTS』の書籍化にあたり、番組のメインMCとして20年以上、栗山を間近で見てきた南原清隆が直撃した!

南原清隆が栗山英樹監督に聞く侍ジャパンでの決意。勝つための決...の画像はこちら >>

侍ジャパンの栗山英樹監督(左)と南原清隆さん

***

今ならもう一度、全力で野球ができる

南原 10年間、北海道日本ハムファイターズの監督、おつかれさまでした。そして、侍ジャパンの監督就任、おめでとうございます! と言っていいんでしょうか。「大変ですね」と言ったほうがいいんでしょうか。

栗山 本当に、大変ですね(笑)。昨シーズンの最終戦まで、チームのために、選手のために野球をやり続けるんだと思っていて、日本ハムの監督をやめたあとのことはまったく考えていませんでした。しばらくして、侍ジャパンの話が動き出して。

南原 受けるかどうかの決断を下すまで、時間はありませんでしたよね。責任の重い仕事を引き受けると決めるまで、どのような心の動きがあったんですか。

栗山 日本ハムの監督を引き受ける時と一緒で、「僕でいいんですか」という話をしました。その時に思ったのは、もし監督をやめて時間が経っていたらお受けできなかっただろう、ということでした(11月1日に日本ハムの監督退任会見、12月2日に侍ジャパン監督就任会見)。

南原 どうしてですか?

栗山 監督という職業があまりにもしんどすぎて......。一度離れてしまうと、もう二度と戻れないだろうと思ったんです。

南原 「栗さん、休んだほうがいいよ」という声もあったと思いますが。

栗山 みなさんにそう言われました(笑)。


この記事の画像

「南原清隆が栗山英樹監督に聞く侍ジャパンでの決意。勝つための決断ができないなら「監督をやめなさいと思っている」」の画像1 「南原清隆が栗山英樹監督に聞く侍ジャパンでの決意。勝つための決断ができないなら「監督をやめなさいと思っている」」の画像2 「南原清隆が栗山英樹監督に聞く侍ジャパンでの決意。勝つための決断ができないなら「監督をやめなさいと思っている」」の画像3