江藤慎一の専属バッティング投手だった大島康徳。打撃練習なのにニューボールを使う決まりごとに驚いた
拡大する(全1枚)

昭和の名選手が語る、
"闘将"江藤慎一(第7回)
前回を読む>>

1960年代から70年代にかけて、野球界をにぎわせた江藤慎一という野球選手がいた(2008年没)。ファイトあふれるプレーで"闘将"と呼ばれ、日本プロ野球史上初のセ・パ両リーグで首位打者を獲得。ベストナインに6回選出されるなど、ONにも劣らない実力がありながら、その野球人生は波乱に満ちたものだった。一体、江藤慎一とは何者だったのか──。ジャーナリストであり、ノンフィクションライターでもある木村元彦が、数々の名選手、関係者の証言をもとに、不世出のプロ野球選手、江藤慎一の人生に迫る。

※  ※  ※  ※

江藤慎一の専属バッティング投手だった大島康徳。打撃練習なのに...の画像はこちら >>

打者として大成した大島康徳だが、高校時代は投手だった

 1968年、江藤慎一はプロ10年を終えた。当時は10年実働した選手には、ボーナス(=再契約金)を受け取るか、移籍の権利を行使できる10年選手という制度(1947年から始まり1975年に廃止)があった。現在のFA制度の前身とも言われているが、FAと異なるのは、選手が自由に移籍先を選ぶことはできず、行使を宣言した上での交渉がシーズン順位の下位チームからのウェーバー方式と決まっていたことである。

 選手の権利としては、行きたくない球団からのオファーを2球団まで拒否することが認められていた。国鉄スワローズに在籍していた金田正一は、1964年にこの制度を利用し、交渉テーブルについた中日と広島を拒否して巨人に移籍している。