PL学園・伝説のコーチが明かす、立浪和義の高校時代とリーダーの資質「先を見る力は群を抜いていた」
拡大する(全1枚)

 5月24日からプロ野球セ・パ交流戦が開幕する。バンテリンドームで行なわれる中日対西武戦の前には、元PL学園の監督だった中村順司が始球式に登場する。中日には立浪和義監督、片岡篤史二軍監督、福留孝介、西武には松井稼頭央ヘッドコーチ、平石洋介打撃コーチら、中村の教え子が揃う。久しぶりにPL学園が話題になるなか、ひとりのOBのもとを訪ねた。

 PL学園の元キャプテンであり、"伝説のコーチ"とも言われた清水孝悦(たかよし)だ。現役時代は桑田真澄清原和博の"KKコンビ"の1学年上で、立浪とは入れ替わり。コーチになったのは立浪の代が卒業した年の秋からだが、立浪とは浅からぬ縁があった。

PL学園・伝説のコーチが明かす、立浪和義の高校時代とリーダー...の画像はこちら >>

PL学園時代、主将として甲子園春夏連覇を達成した立浪和義

高校時代から変わらない人間性

 PLでは"系列"と呼ばれるタテのつながりがあり、このラインに入ると学年を越えて関係が生まれる。

「(同志社)大学の時も、夏休みとか、たまに土日もノックを打ちに行っていたんです。そういう時に、僕のユニフォームの洗濯や食事の用意をしてくれたのが、同じ系列の(当時高校1年)のタツ(立浪)でした。現役の頃の先輩・後輩とはまた違って、こっちにすれば弟みたいなもの。僕も先輩にしてもらったように、系列の子にはケーキを買って行ったり、話をしたり。

 その時に感じたのは、タツは当時からとにかく気配り、目配りができる子でした。野球は先を読むスポーツなので、指導者や先輩が何を考えているのか、そういうところを感じることができればプレーにも生きる。まさにタツはそのタイプでした。気が利く、先を見るという点では、僕が知るPLの選手のなかでも群を抜いていました」