帝京サッカー部のジャージを着たジダンとパス交換? 木梨憲武が明かすレジェンドたちとの対決秘話と、カタールW杯での「夢」
拡大する(全1枚)

■木梨憲武さんインタビュー 後編

(前編:幅広いコネクションの築き方とは?「みなさんの顔色を窺いながら、あとは素早いリズムと熱量で押し切る!」>>)

 さまざまな豪華ゲストと共演した新作アルバム『木梨ミュージック コネクション最終章 ~御年60周年記念盤~』をリリースした木梨憲武さん。高校時代は帝京高校のサッカー部に所属し、サッカー界にもさまざまなコネクションを持つ木梨さんが、これまでにテレビ番組で対決した名選手たちとのやりとり、今年の11月に開催されるカタールW杯での日本代表への期待などを語った。

帝京サッカー部のジャージを着たジダンとパス交換? 木梨憲武が...の画像はこちら >>

名選手たちとの対決、カタールW杯に臨む日本代表について語った木梨さん

***

――木梨さんはこれまで、テレビ番組の企画でさまざまな名選手と対決をしてきましたね。

「PK対決のコーナーで、リネカー、ジダン、デルピエロといった時代を彩るスター選手たちと対決できたのは嬉しかったね。憧れのペレと最初に会ったのはニューヨークだったかな。こちらに向かってくるペレの雰囲気が、何となくハナ肇さんに似ていて、『ハナさん? いや、ペレだ!』ってなって(笑)。その時にサインももらったんだけど、イメージとちょっと違ったんですよ。俺が書いているペレのサインのほうが、むしろ"ペレっぽい"というか(笑)」

――ちなみに、木梨さんはペレのサインをいつ頃から書いていたんですか?

「俺がサッカー始めた小学生の頃からかな。雑誌にペレのサインが載っていて、それをマネして書くようになりました。ペレ以外にも、帝京高校の2つ上の先輩で、エースだった早稲田一男さんのサインも書けちゃうよ(笑)。

 中学生の時に、帝京のスーパースターだった早稲田さんに憧れた俺も帝京高校のサッカー部に入ることになるんだけど......サッカーがうまい選手が特待生として集まってきていた中に、俺がいる場違い感ったらなくて。最初にサッカー部の130人のメンバーと対面した時は衝撃で、『ヤバいところに来ちゃったなぁ』と思ったよ(笑)。でも、かなり面白い環境で青春時代を過ごすことができたかな」

――多くのスター選手との対決で印象に残っていることは?

「みんな、バラエティ番組のゲームなのに本当に負けず嫌い。勝敗に真剣に向き合ってくれて、『今のはナシだ』とか、『動いた!』とかプレッシャーをかけてきたり(笑)。そういうところにも、選手それぞれの個性が出て面白かったですね」