新庄、藤本、立浪の3新監督の序盤戦の戦いぶりを真中満が評価。ビッグボスに「ひとつだけ注文がある」
拡大する(全2枚)

真中満インタビュー
前編「新監督の序盤戦通信簿」

2022年シーズンは、北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークス、そして中日ドラゴンズの3球団が新監督の下、ペナントレースに臨んでいる。それぞれ新庄剛志、藤本博史、立浪和義の3新監督について、自身も監督としてヤクルトスワローズを優勝に導いた経験がある野球解説者の真中満氏に、ここまでの戦いぶりを評価してもらった。

新庄、藤本、立浪の3新監督の序盤戦の戦いぶりを真中満が評価。...の画像はこちら >>

開幕前に話題を呼んだ新庄剛志監督の評価は?

「ビッグボスにひとつだけ注文がある」

ーー開幕から2カ月以上が経過した今、それぞれの新監督について解説していただこうと思います。

真中満(以下、真中) 今シーズンは開幕前から「ビッグボス」の話題で持ちきりだったから、まずは日本ハムのビッグボス、新庄剛志監督からいきましょうか。キャンプ、オープン戦はほぼビッグボスの話題ばかりでしたよね。もともと、彼はエンターテイナーだからメディアの使い方がとてもうまい。どうすれば話題になるのかということを知り抜いていますよね。

ーー実際にペナントレースが始まって、ここまでの戦いをどう見ていますか?

真中 ちょっと失礼な言い方になるけど、今年の日本ハムの、特に野手の場合は「レギュラー確定」と言える選手は近藤健介くらいしかいなかった。その近藤も故障で離脱してしまった。ビッグボスとしては手探り状態のまま若手を起用せざるを得なかった。それが実際のところだったと思うんです。そうしたなかでは順調にきていると思いますね。

ーーどういう点が順調だと思いますか?

真中 清宮幸太郎、万波中正、野村佑希、今川優馬......、こうした若手たちに刺激を与えながら競わせつつ積極的に起用して、それぞれが成長のきっかけをつかんでいる点は順調だと思いますよ。


この記事の画像

「新庄、藤本、立浪の3新監督の序盤戦の戦いぶりを真中満が評価。ビッグボスに「ひとつだけ注文がある」」の画像1 「新庄、藤本、立浪の3新監督の序盤戦の戦いぶりを真中満が評価。ビッグボスに「ひとつだけ注文がある」」の画像2