真中満がセ・リーグ上位を戦力分析。広島「つなぐ打線がいい」、巨人「投手陣が厳しい」、ヤクルト「強さは本物」
拡大する(全2枚)

真中満インタビュー
中編「セ・リーグ上位チーム戦力分析」

2022年シーズンのペナントレース、セ・リーグは現在、ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ広島カープによるAクラス争いが続いている。自身も監督としてヤクルトを優勝に導いた経験がある野球解説者の真中満氏は、上位3チームのここまでの戦いぶりをどう評価するのだろうか。(前編「新監督の序盤戦通信簿」から読む>>)

真中満がセ・リーグ上位を戦力分析。広島「つなぐ打線がいい」、...の画像はこちら >>

現在、セ・リーグ首位を走るヤクルトスワローズ

鈴木誠也が退団しても、健闘が目立つ広島

ーー現在のセ・リーグは真中さんの目にどのように映っていますか?

真中満(以下、真中) 現状、ヤクルトが一番チーム力は高いんじゃないかな? 首位にいるのも当然だという気がしますね。そして、個人的に驚いたのが広島の健闘。「意外」と言ったら失礼になるけど、鈴木誠也というチームの中心が抜けたけれど、みんなでつないで、つないで点数を挙げる、勝ち星を拾うということができている気がしますね。

ーーでは、その広島から伺います。現状ではセ・リーグ3位ですが、「健闘」という印象ですか?

真中 健闘ですね。鈴木誠也がいなくなった分を「みんなでカバーしよう」という意識が強く出ていますよね。その筆頭が西川龍馬であり、坂倉将吾です。開幕当初は不振で苦しんでいた小園海斗が復調して、ここに加わることがあれば、さらに嫌らしい打線が完成して、ますます「つなぐ野球」が可能になりますからね。

ーー先発投手陣のコマもそろっていますね。

真中 森下暢仁、大瀬良大地九里亜蓮、床田寛樹がしっかりしているところに、アンダーソンがかなり使えることがわかった。中継ぎは不安なところがあるけど、先発陣がしっかりと試合をつくって長いイニングを投げて、クローザーの栗林良吏につなぐことができれば白星も増えていくでしょうからね。

ーー広島の場合、懸案事項は中継ぎ陣になりますか?

真中 ヤクルトの中継ぎ陣と比べると、手薄な感じは否めないですよね。ただ、そういう意味ではジャイアンツも同じなんですよね。


この記事の画像

「真中満がセ・リーグ上位を戦力分析。広島「つなぐ打線がいい」、巨人「投手陣が厳しい」、ヤクルト「強さは本物」」の画像1 「真中満がセ・リーグ上位を戦力分析。広島「つなぐ打線がいい」、巨人「投手陣が厳しい」、ヤクルト「強さは本物」」の画像2