Mリーガー佐々木寿人が強くなった麻雀分岐点。「勝負は何かに気づくこと。あの時期、こうやれば勝てることを見つけた」
拡大する(全1枚)

佐々木寿人インタビュー(前編)

 Mリーグが2022−2023シーズンに向けて動き始めている。6月1日に5年目となる新シーズンの概要が決まり、各チームが来季の陣容を発表。7月上旬のドラフト会議を経て、10月から2022−2023シーズンが開幕する。

 その新シーズンに向けて腕を撫すのが、人気と実力でMリーグを牽引するKONAMI麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)だ。

 2020−2021シーズンはレギュラーシーズンの個人スコアトップの選手に贈られるMVPを獲得。しかし、昨季は32選手中20位と苦戦した。チームメイトの活躍もあってファイナルシリーズまで勝ち進んだものの、最後はKADOKAWAサクラナイツに初優勝を許す結果になった。

 Mリーグ制覇に向けて意気込んでいる佐々木選手に、麻雀との出会いから、プロ入り、さらには個人戦とは異なるMリーグならではの難しさや魅力を聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

Mリーガー佐々木寿人が強くなった麻雀分岐点。「勝負は何かに気...の画像はこちら >>

Mリーグで絶大な人気を誇る佐々木寿人

---- まずは、麻雀との出会いから教えてください。

「高校2年の時、友人に誘われて初めて卓を囲んで麻雀牌を触ったんですけど、衝撃的でしたね。『こんなにおもしろいものがあるのか!』と。麻雀を長くやってきて興奮して眠れなかったのは、あの日が最初で最後。そんな出会いでした」

---- それまでは部活動をしていたんですか?

「サッカー部でした。でも、そこからはサッカーそっちのけで(笑)。初めて麻雀をやった翌日には、ホームセンターに麻雀牌を買いに行ってましたから。麻雀の本を買ってルールを覚えて、高校を卒業する頃にはルールも点数計算も完璧でした。それくらいハマりました」