浦和レッズのレジェンド山田暢久が振り返る現役時代。「ドイツ人監督は苦手な人ばかりでした(笑)」
拡大する(全2枚)

浦和レッズ・山田暢久インタビュー 後編

前編「山田暢久が選んだ歴代日本人サイドバックトップ10」を読む>>

現役引退をしてから9年近くが経つ、浦和レッズのレジェンド選手、山田暢久氏。インタビュー後編では、引退後の活動と、キャリア20年に渡る浦和での思い出を語ってもらった。

◆ ◆ ◆

浦和レッズのレジェンド山田暢久が振り返る現役時代。「ドイツ人...の画像はこちら >>

現在は埼玉県内で少年サッカーチームのコーチを務めている山田暢久氏

監督は試行錯誤の繰り返しだった

――2013年に浦和レッズで現役を引退して9年が経ちましたが、現在はどのような活動をされているんですか?

 昨年まで神奈川県社会人サッカーリーグ1部のイトゥアーノFC横浜というクラブで監督をしていました。今は埼玉県のガナドールFCという少年サッカークラブで、小学生のコーチをしています。子どもたちはかわいいし、成長を見守るのは楽しいですよ。

――山田さんはコーチや監督など、指導者の道はもともと考えられていたのでしょうか?

 正直、そこまで考えてはいませんでした。でも興味がないわけではなかったです。浦和の時も、スカウトをやりながらユース年代の指導を手伝わせてもらっていました。イトゥアーノやガナドールも話をいただいて、経験としてやってみようと思ったのでやらせていただきました。

――社会人リーグの監督経験はいかがでした?

 2019年から3シーズンやらせてもらって、徐々に順位は上がってはいましたけど難しかったですね。僕と選手たちとのサッカーの基準に大きなギャップがあって、最初は「これができないのか」「ここまで言わないと伝わらないのか」という戸惑いがありました。そこをどうするか、試行錯誤の繰り返しでした。


この記事の画像

「浦和レッズのレジェンド山田暢久が振り返る現役時代。「ドイツ人監督は苦手な人ばかりでした(笑)」」の画像1 「浦和レッズのレジェンド山田暢久が振り返る現役時代。「ドイツ人監督は苦手な人ばかりでした(笑)」」の画像2