防戦一方となりながらも用意周到のセットプレーから先制点を奪い、その後の猛攻を身体を張ってしのいでいく。ところが終了間際に同点とされると、延長戦ではPKを献上。

絶体絶命の窮地に立たされたが、相手の若きエースのシュートをGKがストップすると、PK戦でもこの守護神が躍動する。同点弾を決められたキッカーのシュートを食い止め、史上最大の下剋上を実現するのだ。

サッカー天皇杯「下剋上の歴史」を紐解く 国立でカップを掲げる...の画像はこちら >>
 その時点でJ1の3位に位置していたサンフレッチェ広島と、J2の18位に低迷していたヴァンフォーレ甲府が対峙した昨年の天皇杯決勝。実力下位チームが上位チームを撃破する唯一無二とも言えるシナリオで、甲府がクラブ史上初タイトルを獲得した。J2チームがJ1チームに勝利して優勝するのは初のケースだった(J2チームの優勝はJ2対決となった2011年のFC東京に次いで2チーム目)。

 一発勝負のカップ戦では、戦前の予想が覆されることは珍しくはない。

しかし決勝にかぎると天皇杯は、実は波乱が起きづらい大会だ。勝ち上がりの過程でジャイアントキリングが頻発するのがこの大会の醍醐味のひとつではあるものの、ファイナルの舞台では力の差が比較的反映されている。

 Jリーグが始まって以降に行なわれた過去の30大会の決勝を振り返ると、そのシーズンのリーグ戦の順位が上のチーム、あるいはカテゴリーが上のチームが勝利するケースが大半を占める。戦績的には23勝7敗で、勝率は75%を超えている。

 上位チームが敗れた7大会のうちのひとつが先述した昨年大会。残り6つのなかで印象的だったのは1998年大会だろう。

この年かぎりで横浜マリノスに吸収合併される横浜フリューゲルスが清水エスパルスを下し、クラブの最後を優勝で締めくくったのだ。

 この年の横浜Fはリーグ戦の1stステージで8位、2ndステージでは7位と中位に位置したが、清水は2位→5位と、どちらのステージでも上を行っていた。合併発表後の公式戦を9連勝で締めくくり、クラブ最後の試合で意地を見せた格好だ。

 横浜Fは1993年大会でも、1stステージを制した鹿島アントラーズを延長の末に6-2で撃破しており、これが2度目の天皇杯制覇だった。

【リーグ戦8位の川崎vs残留争いに苦しんだ柏】

 パク・チソンを擁した2002年の京都サンガは、黄金時代を築いていた鹿島を2-1で下し、初優勝を成し遂げた。2004年の東京ヴェルディは、連覇を狙ったジュビロ磐田に2-1で競り勝ち、名門復活を印象づけている。

もっともこの年の磐田は1stステージこそ2位だったが、2ndステージでは13位と低迷。黄金時代の終焉を迎えつつあった。

 2013年の横浜F・マリノスは、その年のリーグ戦を制した広島を2-0で下し、Jリーグ発足後では初優勝を達成。リーグ戦では首位に立ちながら終盤に失速し、最終節で逆転された相手にリベンジを果たしている。

 2019年に鹿島を下して初優勝を成し遂げたヴィッセル神戸は、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャらビッグネームを擁し、リーグ戦を3連勝で締めくくっていた。

 もっとも、いずれの試合もリーグ戦の順位が下のチームが勝ったとはいえサプライズとは言いがたく、予想を超える結末ではなかった。

 天皇杯の決勝はシーズンの最後に行なわれる試合であるため、リーグ終盤の流れがそのまま反映されやすいと言えるだろう(昨年大会はリーグ戦終了前の10月開催だった)。2001年のセレッソ大阪、2007年の広島、2021年の大分トリニータと、降格が決まったチームが決勝まで駒を進めることはあったし、2014年にはモンテディオ山形がJ2チームとしてファイナルの舞台に臨んだものの、タイトルに手が届くことはなかった。

 今回はリーグ戦8位の川崎フロンターレと、最後まで残留争いに苦しんだ17位の柏レイソルのカードとなる。

 天皇杯の歴史を踏まえれば川崎が優位と見られる。現在のチーム状況を考えても、川崎は5戦負けなしでシーズンを終えたのに対し、柏は4連続ドローで5試合勝利から遠ざかっている。今季のリーグ戦の対戦では川崎の1勝1分という結果だった。

 もちろん、これはデータを踏まえた予想に過ぎず、やはり一発勝負の戦いでは何が起こるかはわからない。昨季の甲府がそうであったように。

 2年連続での無冠を避けたい川崎と、今季の低迷を払拭し2012年以来の優勝を目指す柏。12月9日、国立競技場で栄えあるカップを掲げるのは果たして、どちらのチームか──。