森香澄がうますぎると感じたDリーグのダンサー7人 遠くからで...の画像はこちら >>

■森香澄さん インタビュー前編

 テレビ東京の人気アナウンサーとして活躍し、現在は、バラエティ番組やドラマ、雑誌等でマルチな才能を発揮している森香澄さん。TikTokでは、アイドルダンスを完コピした動画をアップして人気を博すなどダンス好きとしても知られている。

そんな彼女が2023-24シーズンから世界最高峰のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」の配信MCに抜擢された。持ち前の明るさとダンスの知識を生かしたトークで、今注目を集めている彼女にDリーグのこと、ダンスのある日常について話を聞いた。

【会場の盛り上がりは想像以上】

――23-24シーズンのDリーグがスタートした10月から配信MCを担当しています。まずは最初にオファーをいただいた時の感想を教えてください。

 もともとダンスを習っていて、ダンスが好きなので、率直にうれしかったです。Dリーグがスタートした時には、まだ私はテレビ東京にいて、ニュースを読んだ記憶があって、ダンスがひとつの競技として新しい形で広がっていくのはうれしいなと思いました。それから画面を通してDリーグを見てきましたが、こうして現場でお伝えするのが、どういうものなのかとすごく興味が湧いてオファーを受けさせていただきました。

――ステージ上には会場を盛り上げるMCのケリー隆介さんがいて、森さんは動画配信のほうのMCとなります。その点で難しい部分はありますか。

 そうですね。ステージにはステージの進行があって、私は配信のほうの進行をしているので、その連携は実際に取ることができません。私はステージの進行を見ながら配信をすることになるんですけど、実はテレビ東京の時に担当していた競馬中継とすごく似ているところがあるんです。競馬開催の進行と、スタジオの進行が並行している構図なので、その部分では当時のスキルが生きているなと感じます。

 ただ私の立場が競馬の時とは変わっていて、Dリーグでは私の感想を盛り込みながら、ダンスをやっている方にも、初めて見る方にもわかりやすいような進行を心掛けていますので、その部分は難しさがありますね。

――MCをやってみて、Dリーグの新しい発見はありましたか。

 会場の盛り上がりは想像以上で、熱気がすごい。私はしゃべりながらダンスを見ていますが、ヘッドフォンをしないと配信のほうで解説を担当している方やゲストの方の声が全然聞こえません。そのぐらい盛り上がっていて、本当にびっくりしました。

 それから、私は高校の時に部活でダンスをやって、大学でも趣味でやっていたので、ダンスジャンルは知っているほうだと思っていましたが、プロのみなさんはさらに幅広いジャンルを踊っていて、そのなかには初めて知るジャンルもありました。

それは新しい発見でした。

 それにDリーグのチームは、それぞれ得意なジャンルを持っていますが、そのジャンルに縛られないで、1つの作品にさまざまなジャンルのダンスを盛り込んでくることに、毎回すごいなと思っています。ラウンドごとにまったく違う顔を見せてくれますし、テーマやメッセージ性がしっかりあって、毎回感じるものがありますね。

【MCできっかけを作りたい】

――ここまで6ラウンドが終了しました。印象に残っているパフォーマンスはありますか。

 ラウンド3のベネフィット・ワン モノリスの「BLACK SHADOW-SHINOBI」は感動しました。

あとはカドカワ ドリームズがスウィープ勝ち(6―0での勝利)したラウンド2の「UNCHAIN MY HEART」もすごかったです。前回王者は格が違うなと圧倒させられました。対戦としては、ラウンド4のベネフィット・ワン モノリス対メディカル・コンシェルジュ アイムーンがとてもおもしろかったです。結果は3-3のドローでしたが、どちらも女性が多いチームにも関わらず、まったく違うパフォーマンスを見せてくれてすごいと思いました。


森香澄がうますぎると感じたDリーグのダンサー7人 遠くからでも「目を引くスター性がある」
ベネフィット・ワン モノリスの「BLACK SHADOW-SHINOBI」。海外からもダンサーが参戦した ©D.LEAGUE 23-24
――Dリーグは対戦形式なので、1戦ごとに勝敗がつきます。森さんも自分なりのジャッジをしているんですか。

 正直、いつもどちらが勝ってもおかしくないなと思いますね。対戦相手との相性もありますし、先攻後攻の順番も関係していると思いますけど、負けたチームを見ても、負ける要素はなかったなと思うことが多いです。

――Dリーグのダンサーでうますぎると感じるダンサーは誰ですか。

 セプテーニ ラプチャーズのMiYU(ミユ)さんとか、セガサミールクスのTAKI(タキ)さんとか、カドカワ ドリームズのMINAMI(ミナミ)さんとかは見入っちゃいますね。あとはフルキャスト レイザーズのKTR(ケーティーアール)さん、メディカル・コンシェルジュ アイムーンのAmi(アミ)さん、Hina(ヒナ)さん、エイベックス ロイヤルブラッツのJUMPEI(ジュンペイ)さんとか、挙げたらきりがないですね。

 MCの席は上階のほうにあるので、ステージから少し距離があって見下ろす感じになるんですけど、彼らはそこからでも目を引くのでスター性があるなと感じています。

――DリーグのMCを通じて、どんなことを伝えていきたいですか。

 ダンスをしていて、興味があった私でも、Dリーグの会場に来て驚いたうちのひとりです。今回お仕事をいただいて、この魅力を伝えていくのが私の役割だなと感じました。もちろんみなさんに会場に来てほしいという思いはあるんですけど、距離や時間的な問題で、なかなかハードルが高い人もいると思いますので、まずは配信を見ていただいて、各チームの戦い、作品を見てほしいなと。そのきっかけを作れたらいいなと思っています。

(後編:森香澄、アイドルダンスの完コピをするなどダンスに夢中なワケ)

【Profile】
森香澄(もり・かすみ)
1995年6月16日生まれ、東京都出身。元テレビ東京アナウンサー。同局にて「ウイニング競馬」や「THEカラオケ★バトル」などの司会を務め、2023年4月にフリーに。その後、バラエティ番組やドラマ等で活躍。「週刊プレイボーイ」などではグラビアにも挑戦した。趣味は1人カラオケ、アイドルのダンスを完コピすること、舞台鑑賞。特技はダンス、ピアノ、おいしく食べること。2/28(水)にはファースト写真集「すのかすみ。」が発売する。