パリ五輪に臨む大岩ジャパン(U-23日本代表)のアメリカ遠征メンバー25人が以下のように発表された。

GK
小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、鈴木彩艶(シント・トロイデン)、野澤大志ブランドン(FC東京

DF
内野貴史(デュッセルドルフ)、大畑歩夢(浦和レッズ)、西尾隆矢(セレッソ大阪)、バングーナガンデ佳史扶(FC東京)、半田陸(ガンバ大阪)、関根大輝(柏レイソル)、鈴木海音(ジュビロ磐田)、チェイス・アンリ(シュツットガルト)、高井幸大(川崎フロンターレ

MF
平河悠(FC町田ゼルビア)、松村優太(鹿島アントラーズ)、佐藤恵允(ブレーメン)、川﨑颯太(京都サンガF.C.)、斉藤光毅(スパルタ)、山本理仁(シント・トロイデン)、藤田譲瑠チマ(シント・トロイデン)、三戸舜介(スパルタ)、松木玖生(FC東京)、佐野航大(NEC)

FW
藤尾翔太(FC町田ゼルビア)、細谷真大(柏レイソル)、荒木遼太郎(FC東京)

パリ五輪代表メンバーをアメリカ遠征招集25人から読み解く O...の画像はこちら >>
 U23アジアカップのメンバーから山田大樹(鹿島アントラーズ)、木村誠二(サガン鳥栖)、田中聡(湘南ベルマーレ)、山田楓喜(東京ヴェルディ)、内野航太郎(筑波大)の5人が外れ、鈴木、バングーナガンデ、アンリ、松村、斉藤、三戸、佐野の7人が加わった。
佐野は初招集となる。

 GKは、A代表の正GK鈴木が加わったことで、U23アジアカップで出番のなかった山田大樹が外れた。鈴木はA代表のW杯アジア2次予選(ミャンマー戦、シリア戦)のメンバーから外れていたので、この招集は大岩剛U-23日本代表監督と森保一日本代表監督が協議した結果であることが推測できる。

 DF陣では、U23アジアカップで2ゴールを決めるなど、気を吐いた木村が外れた。代わりに入ったのがアンリ。昨年10月以来の選出となる。

佐野同様20歳。生年月日順では高井に次ぐ年少になる。可能性を期待され、最終テストに呼ばれたという感じだ。

 U23アジアカップは23人枠で戦ったが、今回の招集は25人。2枠増えたわけだが、その1枠に入ったのが左SBのバングーナガンデだ。U23アジアカップでは、野澤、松木、荒木と、FC東京から1チームで最多となる3人を招集した。

バングーナガンデも呼びたかった選手だろうが、同じチームのスタメンクラス4人を1カ月以上拘束する弊害を考慮し、大岩監督、サッカー協会側が招集を諦めたと推察する。

【荒木遼太郎はチームにどうはまるか】

「今回はFC東京にお願いした」という山本昌邦ナショナルチームダイレクターのコメントに、これまでの経緯をうかがい知ることができる。

 バングーナガンデはA代表出場歴もあるU-23日本代表の常連で、荒木は長らく選外だった選手だ。U23アジアカップでは、荒木を呼びたいがためにバングーナガンデを外した。そして今回は、FC東京にお願いして両選手とも呼んだ。U23アジアカップの荒木は大岩監督のお眼鏡に適う出来映えだったと考えるのが自然だ。

 パリ五輪本大会は1チーム18人で戦う。フィールドプレーヤーに限るとわずか16人になる。これにオーバーエイジが加われば、U-23の選手の数はさらに減る。メンバー入りは文字どおり狭き門となる。複数ポジションをこなすことができる多機能型選手が有利と言われる理由であるが、とはいえライバルは、キャラの被る選手になる。荒木にはそのライバルが少ない。

同じタイプの選手が見当たらない希少価値のある選手だ。いまの時代に適合した新タイプの10番が、チームにどうはまるか。筆者はアメリカ遠征の大きな見どころのひとつだと考える。

 中盤で、田中に代わって入った佐野航大は今季、ファジアーノ岡山からオランダのNECに移籍。シーズン後半、出ずっぱりの活躍を演じたMFだ。ライバルは藤田、山本、川崎らになるが、NECはUEFAリーグランク6位のオランダリーグで今季6位に食い込んだ好チームである。

 シント・トロイデン(藤田、山本)や京都(川﨑)より、クラブのランキングはずっと上。選手の格ではすでに上回った状態にある。年長の選手に対し、一発逆転があったとしても不思議はない。

 ウイング系では山田楓喜が外れ、斉藤、三戸、松村の3人が復帰した。山田はJリーグの前々節、町田戦は前半で退き、前節のヴィッセル神戸戦ではメンバー外だった。選外に漏れた理由と少なからず関係があると見る。

ただし、代わりに入ったスパルタ(オランダリーグ8位)所属のふたり(斉藤、三戸)は、チームに欠かせぬ戦力として1シーズン活躍した実績が光る。山田より選手としての格は上だ。

【五輪に出場できない選手はさらに増える?】

「格」は代表選考において重要な要素となるが、一方で、五輪招集ではその格が災いになることもある。格上のクラブは五輪への出場を許さない可能性が高まる。さらに格上のクラブから引き抜かれるかもしれない。五輪の最終メンバーに、海外でプレーする実力者を選びにくくなっているのは確かだ。それがすでにはっきりしているのは久保建英(レアル・ソシエダ)と鈴木唯人(ブレンビー)のふたりだが、最終的に招集できない選手は彼ら以外にも出るだろう。

 松村は今季のJリーグにおいて先発出場はない。出場6試合はすべて交代出場だ。監督のランコ・ポポビッチとの相性が悪い様子だが、足が速く一芸に秀でているところがあり、捨てがたい魅力があることも確かだ。昨年11月に行なわれたアルゼンチン戦でも、鮮やかなゴールを決めている。五輪本大会に出場できない選手が増えるとチャンスが回ってくる可能性がある。

 今回のパリ五輪は、これまでの五輪とはチーム編成を巡る様相が違ってきている。日本が強くなった証。ひと言でいえばそうなる。だが、一方でメダルは狙いにくくなっている。純然たるU-23日本代表すら組めなくなっている。

 オーバーエイジしかり。欧州組と五輪の関係の悪さは、ここにきて目立っている。それならば、オーバーエイジを佐野海舟(鹿島)、毎熊晟矢(C大阪)を筆頭とする日本代表の国内組から出すという手もある。今回のアメリカ遠征のなかにそうした選手を加えてもよかったわけだが、協会側はそれもしなかった。

 筆者はそれでいいと考える。サッカー後進国であるうちは五輪も重要な国際大会になるが、欧州組が100人を超えたいま、必要以上に騒ぐべきものではなくなった。もちろん出場するからには好成績を収めてほしいが、無理をしてはいけない。

 まずW杯ありき。2026年6月こそが本番であるという認識を、協会はもとより、報じる側ももっと持たなければならない。サッカーを他の競技と同じ土俵で語るなと、言いたくなる。

 今回選出された25人以外から最終メンバーの18人に飛び込んでくる選手は、せいぜいひとりかふたり。限りなくゼロに近いとみる。これまでの流れを見る限り、それはフェアなジャッジに基づいた選手選考に映る。

 もっとも、五輪代表から漏れても、その後、活躍する選手はいくらでもいる。山本昌邦氏が五輪代表監督時代に選び損ねた長谷部誠などは、その最たる例だろう。五輪サッカーには一歩引いた視点が必要だと、あらためて痛感させられる選考劇となった。