「負けず嫌い」

 それは、彼のアイデンティティと言えるだろう。誰にも負けたくない。

だからこそ、死力を尽くせる。何が足りないのか? そこに全力で向きあい、勝つ算段も整える。

 バレーボールのコートおいて、その本性は一番強く発現する。

 髙橋藍は、「FIVBバレーボールネーションズリーグ2024」福岡ラウンドでも八面六臂の活躍だった。

髙橋藍「金メダルをイメージするために...」 ネーションズリ...の画像はこちら >>
 たとえばフルセットとなったドイツ戦、2セット目にはブロックアウトしかけたところ、必死に頭から飛び込んで右腕一本で上げ、石川祐希のスパイクにつなげた。3セット目には西田有志が客席に飛び込みそうになりながらつないだボールを、関田誠大のオープントスから自らスパイクを決めている。
4セット目には小野寺大志との2枚ブロックでシャットアウト。5セット目、高く上がったボールは返すだけで精一杯に見えたが、敏捷な動きから抜け目なく相手コートに流し込んだ。

 オールラウンドな能力を遺憾なく発揮し、接戦を制する一翼を担った。

 髙橋は容姿端麗でスターの輝きがある選手だが、奢ったところがない。すべては勝利のため、黒子に徹することもできる。勝負への執念は苛烈だが、極めているだけに透明感すらある。

オリンピックで勝つために、しっかりとチーム力を高める必要があると思います。世界大会で、レベルの高いバレーを見せられるようにしないと」

 髙橋はネーションズリーグを戦うなかで、そう語っている。勝利の確率を上げるには、「爆発的な攻撃力があるなか、自分は無理してスパイクを打たない」と、自らを抑制するほど、フォア・ザ・チームだった。裏を返せば、石川や西田への信頼とも言える。

 もっとも、髙橋自身が"託される選手"であることも事実だ。

「イタリアでプレーし、世界のトップ選手を相手にスパイクを打ち続けることで、攻撃のバリエーションは多くなりましたね。

久しぶりに日本代表として国際試合をやってみて、イタリアで常にやっていたことの成長を見せられたかな、とは思います」

【イタリアで受けた刺激】

 そう髙橋は言う。今シーズンは世界最高峰、イタリアのセリエAで優勝プレーオフを主力として戦い、栄えある決勝を戦った。その実績は伊達ではない。

「(2年半プレーした)イタリア人の性格は刺激になりました。彼らは明るくてポジティブ。試合に負けた時も、そういう日だってあるよ、って感じで、次の日から切り替えていこう、って。

そういう選手が多かったので、自分も影響を受けました。彼らは練習、試合と楽しんでやるので、それはすごく大事な要素だな、と感じましたね。日本だと、いろんな周りからの見方とかを、気にする文化があるなって思うので。イタリアでは、自分は自分、自分がやりたいようにやるって感じなのも違っていて、自分としても前向き、ポジティブになったと思いますね」

 一方でイタリア人は勝負にこだわるし、アクも強い。

「イタリア人は、自分たちのことを誇りに思っています。自分たちのことが大好きですから(笑)。

イタリアの食事にしても、一番だと思っていますからね」

 イタリアの気風は合っていたのかもしれない。負けず嫌いを極めてきた。そこで今年5月のインタビューで、こんな質問を投げたことがあった。

――パリオリンピックではメダルを待望する声も多いです。どのような気持ちで臨むつもりですか?

 髙橋は流れるような口調でこう答えていた。

「現時点で、オリンピックの位置づけはメダル獲得なんですけど、チームでミーティングした時には『金メダル』と言う選手もいるし、いろんな意見があって......僕のなかでは、正直に言うと、金メダルのイメージはまだ持てていません。

それは、今の日本代表が(世界トップレベルの大会で)決勝に行ったことはないから。世界大会では3位決定戦は、去年のネーションズリーグで経験できたので、そこ(銅メダル)へのイメージはあるかなって」

 彼はそう言って言葉を継いだ。

「(日本は)決勝には行っていません。(世界で1、2を争う)アメリカ、ポーランドには勝っていない。だから、そこを倒せるイメージを自分は持てていないので、今の段階で僕のオリンピックの位置づけは『メダル獲得』になっているんですよ。けど、オリンピックの前にネーションズリーグがあるので、まずはそこでの目標を『決勝に行く』に設定しています。決勝を経験できた段階で、『オリンピックで金メダル』っていう目標が作れるんじゃないかなって」

 人並外れた負けず嫌いは、勝つ見込みに対してシビアだ。

 ネーションズリーグの福岡ラウンドは、イラン、ドイツに連勝後、ポーランドにはストレートで敗れたが(髙橋、石川、西田、関田などは出場していない)、スロベニアには第3セットに髙橋がデュースを競り勝つスパイクを決め26-24とし、3-1で勝利を飾った。3勝1敗とした日本は5位で次のフィリピンでのラウンドへ向かう。決勝大会は6月下旬、ポーランドで開催される。

 自他ともに認める負けず嫌い。髙橋はパリにつながる戦いに虎視眈々だ。