【短期連載】パリ五輪に挑むU‐23日本代表
56年ぶりのメダル獲得へのプロセス/第3回

 五輪も、ワールドカップも、開催は4年に一度。それゆえ、大会に出場することの"希少価値"は高く、いつも登録メンバー予想は盛り上がりを見せる。

とりわけ五輪のそれは、ワールドカップ以上と言ってもいいかもしれない。

 なぜなら、ワールドカップの登録メンバーが23人なのに対し、五輪は18人。より狭き門であるからこそ、予想するのが難しく、加えて、オーバーエイジ(OA)枠というプラスアルファの注目ポイントもあるからだ。

 では、来るパリ五輪で登録メンバー入りするのは、誰なのか。ここではその対象を23歳以下の選手に絞り、候補選手をポジション別に探っていきたい。

 3回目の今回は、MFである――。

パリ五輪代表MFのメンバー入りは最終予選の主力でも安泰ではな...の画像はこちら >>
 現在のU-23日本代表は2年前のチーム立ち上げ以来、4-3-3をベースに戦ってきた。中盤の構成は、ひとりのアンカーとふたりのインサイドハーフが基本形である。

 時に試合展開や選手のタイプによって、2ボランチ+トップ下に近い形になる(見える)ことはあっても、ベースのフォーメーションはほぼ変わっていない。

 まずアンカーの第一候補となるのは、藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)だ。

 先のU23アジアカップではキャプテンも務めた藤田は、自らのプレーだけでなく、積極的なコーチングでもチームを引っ張る。優れたボール奪取能力に加え、パスセンスにも長けており、日本の中盤に不可欠な存在と言っていいだろう。

 これに続くのが、主にインサイドハーフを務める、ともにレフティの山本理仁(シント=トロイデン)と松木玖生(FC東京)である。

 技術に優れた山本は、中盤で攻撃のリズムを作り出す選手であり、アンカーに入っても強みを生かすことができる。また、藤田とともにこれまでチームを引っ張ってきた存在であり、そのリーダーシップも見逃すことはできない。

 一方の松木は、攻守におけるインテンシティの高さはチーム屈指。中盤で踏ん張りが利く松木の強さは、対世界においてはより重要性を増すはずだ。昨年のU-20ワールドカップにも出場しており、このチームでは数少ない世界戦経験者であることも心強い。

 このMFトリオはU23アジアカップ決勝をはじめ、何度も一緒にプレーしており、ポジションチェンジもスムーズ。大岩剛監督は試合展開によって4-4-2にシフトチェンジすることもあるが、この3人ならどの組み合わせでも2ボランチへの対応も可能だ。パリ五輪本番でも中盤の軸となるのは彼らだろう。

 ここにアクセントを加えるのが、荒木遼太郎(FC東京)だ。前述の3人に比べ、何でもこなせるタイプのMFではないが、裏を返せば一芸には秀でている。

 優れた技術と多彩なアイデアという点で比類のない才能を持っており、このチームでは替えが効かない。

先発出場はもちろん、勝負どころで、いわゆる"ゲームチェンジャー"としての役割も期待できる選手である。

 バランスの取れた藤田、山本、松木と、スペシャルな荒木。この4人はメンバー入りの最有力候補だろう。

 5人目以降はほかのポジションとの兼ね合いや、OAの活用次第というところもあり、判断が難しいが、筆頭候補を挙げるとすれば、川﨑颯太(京都サンガF.C.)だ。

 もともとはボール奪取を得意とするアンカータイプのMFだったが、所属の京都でインサイドハーフを務め、攻撃面にも磨きをかけた。中盤の3つのポジションならどこでもこなせるだけに、MFを5枠と考えれば、川﨑がメンバー入りする可能性は高まる。

 また、ここに来て大きな注目を集めているのは、佐野航大(NEC)である。

 昨夏、ファジアーノ岡山からJ1経験がないままオランダへ渡ると、1年目にして25試合出場5ゴールを記録し、現地でも高い評価を受けた。松木とともに昨年のU-20ワールドカップに出場し、ボランチとしてだけでなく、サイドハーフでもプレーしており、自在性は高い。柔らかなボールタッチで相手を抜き去り、チャンスを作り出したシーンでは、目の肥えたアルゼンチンのファンからも喝采を受けていた。

 ただ、佐野がこのチームに加わったのは、この6月のアメリカ遠征が初めてだった。わずか18人しか登録できない大会に、ほぼぶっつけ本番の選手をメンバーに加える可能性はそれほど高くないだろう。

 ましてMFにOA枠が活用されるとなると、さらに可能性は低くなるはずだ。

 ただし、OAの影響を受けるのは、必ずしも川﨑や佐野だけとは限らない。遠藤航(リバプール)や守田英正(スポルティング)など、複数の選手がOAで加わることになれば、当然、23歳以下の選手の枠はそれだけ減らされることになってしまう。

 有力候補に挙げた山本や松木でさえも、安穏とはしていられない。そんな状況も起こり得るのかもしれない。