今週は東京、京都、函館の3場開催だが、重賞は1戦のみ。牝馬限定のハンデ重賞、GIIIマーメイドS(6月16日/京都・芝2000m)だ。

 春のGIシリーズの狭間に行なわれる牝馬限定の重賞。しかもハンデキャップ戦とあって、ひと筋縄とはいかない一戦だ。日刊スポーツの太田尚樹記者も、「重賞のなかでも、屈指の"荒れる"レースですよね」と言う。

 実際、過去10年の結果を振り返っても、1番人気はわずか2勝。一方で、6番人気以下の伏兵が7勝も挙げている。太田記者が続ける。

「過去10年の馬連平均配当が8089円。万馬券が4回も出ています。さらに、ふた桁人気の馬が馬券圏内(3着以内)に7度も入っていて、3連単の配当はすべて万馬券。10万円超えの高額配当が8回もあります。

 直近3年を見ても、3年連続でふた桁人気馬が台頭。2021年と2022年はいずれも10番人気のシャムロックヒルとウインマイティーが勝利を飾って、昨年も10番人気のホウオウエミーズが3着に突っ込んできました」

 今年は阪神競馬場のスタンド改修工事により、18年ぶりに京都競馬場での開催となるが、そうした波乱の傾向は「変わらない」と太田記者は語る。

「京都開催となる今年は、例年と比べて少し様相が違います。格上挑戦となる条件馬の出走も過去と比べて少ないですが、まぎれの多い京都内回りの芝2000m戦。ならば、レース傾向はこれまでと変わらないと思います」

 あたらめて過去を振り返れば、6番人気以下で勝利した7頭のうち、実に6頭が前走で条件クラスのレースに出走。そこで勝利を飾っていたのは、わずか1頭だった。つまり、他の5頭はすべて条件クラスで負けていながら、軽ハンデを生かして格上挑戦の重賞を制したのだ。

 そうなると、今年も格上挑戦となる軽ハンデ馬が狙い目になるのか? それについては、太田記者は首を振った。

代わって、オープン馬ながら人気の盲点となりそうな馬をピックアップ。穴馬候補として2頭の名前を挙げた。

 1頭目は、ジューンオレンジ(牝4歳)。3歳時にはGI桜花賞(16着。阪神・芝1600m)にも出走している実績馬だ。

「デビューから1200m~1400m戦を主戦場としてきて、昨春のGIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)で3着と健闘。

桜花賞出走を果たしました。その後、秋になってオープン入りを決めました。

 ただ、昇級後は振るわず、この春から出走レースの距離を少しずつ延ばして、2走前のオープン特別・谷川岳S(4月28日/新潟・芝1600m)で4着と善戦。前走のオープン特別・メイS(5月18日/東京・芝1800m)では8着に終わりましたが、ともにメンバー最速の上りをマークしました。メイSは典型的な前残りの展開に泣かされましたが、スローペースでも折り合いには問題ありませんでした。

マーメイドSは重賞のなかでも屈指の「荒れる」レース 今年の高...の画像はこちら >>
 今回はさらに200m距離が延びますが、管理する長谷川浩大調教師は『距離は大丈夫だと思っているので』ときっぱり。
重賞参戦にも手応えを感じているようでした。

 今週の追い切りでも、前脚がよく上がっていて状態のよさがうかがえました。坂路コースの馬場がよかったとはいえ、ラスト2ハロンを12秒3―11秒9でまとめる優秀な時計をマーク(4ハロンは53秒1)。今の京都の芝は徐々に荒れてきていて、外差しが決まるようになっています。Dコースに替わる今週もその傾向は変わらないと見て、一発への期待が膨らみます」

 太田記者が推奨するもう1頭は、ゴールドエクリプス(牝5歳)だ。

「昨年のこのレースでは、準オープンの身で大外から差して4着と見せ場をつくりました。

その後も、GIII小倉記念(小倉・芝2000m)で3着と奮闘。続く3勝クラスの大原S(京都・芝1800m)を勝って、オープン馬となりました」

 オープン入り後は、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を含めて重賞3戦に出走。14着、12着、8着と今ひとつの成績に終わっている。しかし、「それには明確な理由がある」と太田記者は言う。

「GIの舞台はまだ荷が重かったと思いますが、2走前のGIII小倉大賞典(2月18日/小倉・芝1800m)の12着は、スタートで落馬のあおりを受けてのもの。前走のGII阪神牝馬S(4月6日/阪神・芝1600m)の8着は、苦手な瞬発力勝負となって持ち味を出せませんでした。

 しかし、今回はメンバー的に見ても、自在に立ち回れる強みが生かせるはず。調教にまたがった鞍上の幸英明騎手も『すごく乗りやすいですね』と、好感触でした。

 もし雨が降ってタフな馬場になれば、なおさら好都合。昨年より斤量は増えますが(51kg→53㎏)、昨年以上の走りを見せても不思議ではありません」

 秋の大舞台を目指す熱き牝馬の戦いは、今年も"大荒れ"の予感。その一端を担うのが、ここの挙げた2頭であってもおかしくない。