【短期連載】パリ五輪に挑むU‐23日本代表
56年ぶりのメダル獲得へのプロセス/第4回

 五輪も、ワールドカップも、開催は4年に一度。それゆえ、大会に出場することの"希少価値"は高く、いつも登録メンバー予想は盛り上がりを見せる。

とりわけ五輪のそれは、ワールドカップ以上と言ってもいいかもしれない。

 なぜなら、ワールドカップの登録メンバーが23人なのに対し、五輪は18人。より狭き門であるからこそ、予想するのが難しく、加えて、オーバーエイジ(OA)枠というプラスアルファの注目ポイントもあるからだ。

 では、来るパリ五輪で登録メンバー入りするのは、誰なのか。ここではその対象を23歳以下の選手に絞り、候補選手をポジション別に探っていきたい。

 最後の4回目は、FWである――。

パリ五輪代表メンバー争い最大の激戦区「FW」 最後にモノを言...の画像はこちら >>
 現在のU-23日本代表の基本フォーメーションは、4-3-3。前線は中央にセンターフォワード(CF)を置き、左右にウイングを配する3トップがベースとなる。

 まずCFの中心となるのは、細谷真大(柏レイソル)で間違いないだろう。

 昨季J1で14ゴールを記録しているストライカーは、今季こそゴール欠乏症に苦しんでいるものの、実績においてはこの世代で頭ひとつ抜けた存在である。

 先のU23アジアカップでも、大岩剛監督がなかなか得点できずに苦しむ細谷を使い続けたことからも、信頼度の高さがうかがえる(実際、それが準々決勝、準決勝のゴールにつながった)。

 これに続くのは、藤尾翔太だ。

今季FC町田ゼルビアで覚醒の時を迎えたストライカーは、過去のJ1実績では細谷に見劣るものの、現在の勢いでは上回る。

 U23アジアカップでは、右ウイングとしても力強い突破と献身的な守備を見せており、複数のポジションをこなせる点もプラス材料となるはず。もちろん、細谷との2トップも貴重なオプションとなりうる組み合わせだ。

 続いては右ウイングだが、有力候補となるのは山田楓喜(東京ヴェルディ)である。

 決してスピードに長けたタイプではないが、インサイドハーフやサイドバックとの連係を築きながら、左足から高精度のキックを放ち、決定機を作り出す。U23アジアカップでは"Ⅴゴール(優勝を決めたゴール)"を決めているように、カットインからのシュートも大きな武器だ。

 もしも久保建英(レアル・ソシエダ)がメンバー入りするようなら、"レフティ枠"を脅かされる可能性もあったが、言い換えれば左利きの優位性は間違いなくあり、ゴールに直結するFKを蹴れる点も強みとなる。

 対して左ウイングの有力候補は、平河悠だ。

 昨季町田で頭角を現わしてきた新鋭は、昨年6月に初招集されたばかりだが、スピードのあるドリブル突破に加えて守備での1対1にも強く、瞬く間にチーム内での序列を上げてきた。先発で出るにしろ、スーパーサブになるにしろ、もはやチームに欠かすことのできない存在だろう。

 このふたりとウイング枠を争うのは、左右どちらもこなす佐藤恵允(ブレーメン)。U23アジアカップで残したインパクトという点では、山田や平河には及ばないが、それまでの親善試合ではヨーロッパの強豪国相手に力を発揮しており、五輪本番向きの選手とも言える。

 また、FWのメンバー争いがここに来て激しさを増しているのは、U23アジアカップには出場していなかった海外組の存在があるから。すなわち、オランダでプレーする"スパルタ・ロッテルダムコンビ"、斉藤光毅と三戸舜介である。

 ふたりとも所属クラブの事情でU23アジアカップ本大会には出場していないが、昨秋の予選には出場しているのをはじめ、このチームの活動には何度も参加しており、連係面での不安はない。

 それどころか、斉藤は横浜FCに所属していた頃から、飛び級で2019年のU-20ワールドカップに出場するなど、パリ世代を牽引する立場の選手だったのである。結果的にコロナ禍で2021年の同大会は中止になってしまったが、もしも開催されていれば、日本の攻撃の中心にいたのは、斉藤だったかもしれない。

 三戸にしても、鈴木彩艶(シント=トロイデン)や藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)らとともに2019年U-17ワールドカップに出場していた俊英である。

斉藤と違い、このチームの立ち上げ当初から選ばれてきた選手ではなかったが、実際に招集されて以降に見せてきたパフォーマンスは、むしろ斉藤を上回っているとさえ言ってもいい。

 しかも、三戸は左右ウイングだけでなく、インサイドハーフでもプレーしているだけに、選手起用の幅を広げてくれる存在となる。18人で最大6試合を戦う大会では、非常に重宝する選手だろう。

 以上、U23アジアカップでの大岩監督の選手起用をベースに考えれば、有力候補は細谷、藤尾、山田、平河。

 最後の1枠を佐藤、斉藤、三戸の3人で争うのか。あるいは、三戸がMF枠との兼用でメンバー入りすると考えれば、最後の1枠は佐藤と斉藤の一騎打ちになるのか。

 いずれにしても、GK、DF、MFでは、まず外れることはないだろうという選手が、それぞれ1、2人はいたが、FWだけは絶対的な存在がおらず、選考を予想するのは難しい。細谷、藤尾、山田、平河にしても、考え方ひとつで選外になる可能性がないわけではない。

 当然、OAまで入ってくるとなれば、事態はさらに"混迷"の度合いを増すことになる。

 パリ五輪では対戦相手のレベルが対アジアよりも上がるとはいえ、必ずしも一方的にボールを保持されるような試合になるとは限らない。むしろ日本が長くボールを保持し、いかに相手ゴールをこじ開けるか。そんな展開になる可能性も十分にある。

 だとすれば、フィールドプレーヤー16人という限られた人数で、できるだけ多くの攻撃パターンを構築したい。単なる選手の置き換えになるような、似たタイプをベンチに置くことは得策ではない。

 だが、明確な強みを持つ選手はそれだけ有利とも言える一方で、裏を返せば、使えるポジョンや状況が限られる選手だとも言える。

 大岩監督は、本番での最大6試合をどうシミュレーションし、どんなメンバーを前線にそろえるのか。

 決断する当事者にとっては、最も悩ましいポジションになりそうだ。