熟成極めるメルセデス・ベンツCクラスにプラグインハイブリッド「C350eアバンギャルド」を追加

EV状態の最高速度は130km/h! 高速道路も走行可能

メルセデス・ベンツ日本は、Cクラスセダンにプラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」を追加したと発表した。メーカー希望小売価格(10%税込み)は、679万円。同時に、セダンならびにステーションワゴンのC200/C200 4MATIC/C220dアバンギャルドをベースにした特別仕様車「ローレウスエディション」も設定した。

熟成極めるメルセデス・ベンツCクラスにプラグインハイブリッド「C350eアバンギャルド」を追加



現行Cクラスは2014年に登場し、2018年、インテリジェントドライブがSクラス同等に進化し、新開発エンジンの搭載やデザインを一新するなど、熟成を重ねている。今回、セダンへ新たに追加されたC350eアバンギャルドは、最高出力211馬力/最大トルク350N・mを発揮する2L直4ターボエンジンを搭載。これに最高出力122馬力・最大トルク440N・mを発生し、ブースト機能を併せ持った電気モーターを組み合わせる。



システム出力は320馬力/700N・mとなり、ガソリンエンジンや電気モーターを効率よく使い分けることで、ガソリンエンジン/EV/ハイブリッドのいいところを生かした走りを楽しむことができる。

熟成極めるメルセデス・ベンツCクラスにプラグインハイブリッド「C350eアバンギャルド」を追加



電気モーターのみで最高速度130km/hで走行できるため、高速道路でもEV走行を楽しむことが可能。航続可能距離は最大54kmなので、燃費向上に大きく役立つこと間違いなし。もちろん、走行中の回生ブレーキで充電が可能なため、充電設備が見つからなくても安心だ。

熟成極めるメルセデス・ベンツCクラスにプラグインハイブリッド「C350eアバンギャルド」を追加


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年9月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュース

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら