あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN

ベース車にはないホワイトカラーVerを再現

さまざまなホビーアイテムを取り揃える京商。同社の人気モデルカーシリーズ「SAMURAI」の最新作は、トヨタ自動車の代表である豊田章男社長などが移動の際に使用するセンチュリーGRMN。他のSAMURAIシリーズと同様18分の1スケールで、限定700台となる。1万9800円(込み)。

あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN



センチュリーGRMNは、モデル化されたホワイトのほかにブラックも存在し、計2台のみのスペシャルモデル。市販化は予定されておらず、ホワイトは東京、ブラックは愛知で活躍しているという。

あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN



ボディカラーのホワイトはベースモデルには設定がない。そしてメッキを多用して高級感を演出するノーマルに対し、ブラックを基調にハニカムメッシュのグリルやカーボン製のリップスポイラーを備えたスポーティな仕立てだ。

あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN



後席に乗車するVIPをもてなす上質な乗り心地を追求するベースに対し、このGRMNはドライバーが運転する楽しみを享受できる味付けに仕立てられている。専用のBBSアルミホイールやビッグブレーキキャリパーなど走りに貢献するアイテムも、忠実に再現している。

あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN



18分の1というビッグスケールだけに、その存在感もバツグン。すでに発売済みのベースモデルと並べて飾ってみれば、その違いもはっきりとわかるだろう。ぜひ、2台並べたいアイテムだ。SAMURAIシリーズは発売後に即完売するモデルが多いので、センチュリーGRMNも急いだほうがよさそうだ。

あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN

◆商品概要
【商品名】1/18スケール レジンモデル トヨタ センチェリー GRMN
【発売日】2019年10月25日
【メーカー希望小売価格】1万9800円(税込み)
【限定数】700個(世界限定数)
【発売】全国のミニカー販売店 またはインターネット販売
【素材】レジン(ポリウレタンなど)
【ギミック】開閉機構なし
【カラー】ホワイト
【WEBページ】https://dc.kyosho.com/ja/ksr18046w.html
【問い合わせ先】京商株式会社
〒243-0021 神奈川県厚木市岡田3050
お客様相談室 TEL 046-229-4115
月曜~金曜(祝祭日を除く) 13:00~18:00

あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年10月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。