ダイハツから新車種「ロッキー」が登場! SUVらしさと取り回しやすさを両立

DNGA第二弾! 取り回しやすい設計にこだわった

ダイハツは2019年11月5(火)、新型コンパクトSUV「ロッキー」を発表、販売を開始した。



ロッキーはダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」のタントに次ぐ第2弾となる。



ダイハツから新車種「ロッキー」が登場! SUVらしさと取り回しやすさを両立



コンセプトは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」。若々しくアクティブな生活を楽しむ層をターゲットとし、レジャーから買い物などの日常生活まで幅広いシーンで活躍するクルマを目指した。また「レジャーなどのためにSUVがほしいが大きなクルマは苦手」という声が多く聞かれたため、SUVらしいデザインとしながら、運転のしやすさに考慮して開発された。



また同日トヨタからダイハツ・ロッキーのOEM車として「ライズ」が発表、発売。ダイハツ・ロッキーとはまた違ったフロントフェイスを持つ。



ダイハツから新車種「ロッキー」が登場! SUVらしさと取り回しやすさを両立



以下内容を詳しくを見ていこう。



ダイハツ・ロッキーの走り

新型タントに初採用されたDNGAと骨格の通し方や足回り部品の取り付けの考え方などは共通としながら、コンパクトカーのサイズに拡大。骨格構造のスムーズ化や合理化を施し、部材の構造断点をなくすとともに、ハイテン材を活用することで軽量高剛性ボディを開発し、高い操縦安定性と乗り心地の良さを両立した。



ダイハツから新車種「ロッキー」が登場! SUVらしさと取り回しやすさを両立



動力には1リッターターボエンジンを搭載し、D-CVTと組み合わせる。D-CVT にはDNGAにより新開発した、スプリッドギヤを用いた技術を採用。変速比をワイドレシオ化することで燃費性能や静粛性にも貢献する。またアクセルのスロットル特性を最適化し、レスポンスやコントロール性の向上。低開度域はコントロール重視、中高開度域はレスポンスを重視した設定としている。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年11月5日の経済記事
「ダイハツから新車種「ロッキー」が登場! SUVらしさと取り回しやすさを両立」の みんなの反応 16
  • 匿名さん 通報

    なんかまとまりのないデザイン。カッコいいかこれ?

    11
  • 匿名さん 通報

    30年前の車名をそのまま使うから「ダイハツらしい無骨なデザインの復活か」期待してみれば…はあ? 造りたい車からとにかく売れそうな車に社ごと変革ですか。

    6
  • 匿名さん 通報

    ヘッドライトの「中身」はホンダをパクったなwww

    5
  • 匿名さん 通報

    またクソダサイの出してしたな

    5
  • 匿名さん 通報

    見た目はカッコいいが1リッターターボエンジンがどの程度なのか?他記事によると軽SUVっぽいとあるので…ヤリスと迷うわ

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。