最高出力421馬力! 日常使いもOKなメルセデスAMG CLA 45 4MATIC+が登場

F1のエンジンにも使われている技術を採用!

メルセデス・ベンツ日本は、流麗なボディラインが特徴的なCLAならびにCLAシューティングブレークをベースにしたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG CLA 45S 4MATIC+」と「メルセデスAMG CLA 45S 4MATIC+ シューティングブレーク」を発表した。注文受付はすでにスタートしており、2019年12月以降の納車を予定している。



CLA 45 4MATIC+(以降シューティングブレーク含む)は、完全新設計の2L直4ターボエンジン「M139」を搭載している。量産エンジンの2L直4ターボとしては、世界最高となる421馬力/最大トルク500N・mを発揮する。最大トルクは5000~5250rpmの範囲で発生し、トルクカーブは自然吸気エンジン(NA)に近い特性を実現している。また、レブリミットは7200rpmとなり、スポーツカー並みのパフォーマンスを持ち合わせている。

最高出力421馬力! 日常使いもOKなメルセデスAMG CLA 45 4MATIC+が登場



また、シリンダーライナーにはF1エンジンと同様のNANOSLIDE®コーティングを施している。これはピストンとシリンダーの摩擦抵抗を減らす効果をもたらしてくれる。ターボのコンプレッサーとタービンシャフトはAMG GT 4ドアクーペ 63Sに採用されているローラベアリングを採用。レスポンスが向上し、短時間で最高回転に到達することを可能とした。



AMG 4MATIC+は、強烈なエンジンパワーを確実に路面へ伝えられるよう、トルクの前後配分も100:0から50:50までの範囲で変化。また、新開発のリヤディファレンシャルに内蔵されているAMG TORQUE CONTROLは、電子制御式多板クラッチをふたつ備え、それぞれが左右のドライブシャフトに接続されている。これにより、前後だけでなく後輪の左右間でも、状況に応じたトルク配分が可能になった。

最高出力421馬力! 日常使いもOKなメルセデスAMG CLA 45 4MATIC+が登場


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。