1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ

車体の大型化もなんのその! 新型は新規客を呼び込んでいる

新型トヨタ・カローラセダンとステーションワゴンのツーリングが正式発売されて2カ月が過ぎた。トヨタが発信したリリースによると、ハッチバックのスポーツも含む、カローラシリーズのセダンとツーリングが発売された9月17日からの1カ月の受注台数は2万2000台(月販目標台数は3モデル共通で9400台)。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計による、2019年10月のカローラシリーズの販売台数は1万1190台となり、久しぶりに登録車のみの販売ランキングで1位となっている。



人気のミニバンやSUVではないので、ものすごく売れ行きがいいというわけではないが、いまの日本ではあまり注目されないセダンとステーションワゴンなのに、これだけ販売できるのはトヨタの販売力の強さもある。だが新型が評価を受け、一定数の新規客を呼び込んでいるのは間違いないだろう。

1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ



昭和の時代から平成に入った直後あたりまで、カローラは日本でのトップセラーカーとしての地位を欲しいままにしていた。そしてこの間は一貫して“大衆車”や“ファミリーセダン”などと呼ばれていた。いまどきのファミリーカーといえばハイト系軽自動車やミニバンとなるが、カローラがよく売れていたころはトヨタ以外のメーカーでも同クラスのセダンをラインアップしていた。



これが“ファミリーセダン”と呼ばれ、いまのハイト系軽自動車やミニバンと同じ位置付けだった。しかし、それ以降はミニバンがファミリーカーとして人気を博し、さらにハイブリッドカー“プリウス”の登場などもあり、カローラの存在感は急速に薄れていくことになる。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「1カ月で受注2万台超え! デカイだなんだと言われるトヨタ・カローラが11年ぶりに登録台数トップに輝いたワケ」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    地方の工場にゴーンが行くと、金正恩が来たみたいにみんなで整列して拍手をした。馬鹿丸出しの日産、幹部が儲けを懐に入れて社員の首を切った。

    1
  • 匿名さん 通報

    ライズロッキー軍団には、かないません

    0
  • 匿名さん 通報

    美的センスゼロ

    0
  • 匿名さん 通報

    昔、日本車はわざわざイタリア人デザイナーに依頼して車を作っていた。今は日本人デザイナーがやってこのざまだ。

    0
  • 匿名さん 通報

    良い車を作っているスバルだって、優秀なのは末端の社員だけで上層部はバカ。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。