じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

塗料の種類は高級車も大衆車も同じ

高級車のひとつの条件として、ボディの表面がツルツル・テカテカで、深みのある色を長期間にわたってキープするというのがある。果たして、高級車の塗装と大衆車の塗装は何が違うのか?



真っ先に考えられるのは、塗料の違い。高級車は塗料そのものが高品質の高級品なのではないかと思われるが、いまの新車専用の塗料、熱硬化性樹脂塗料は非常に優秀で、じつは高級車も大衆車も同じ塗料を使っている。



では何が違うかというと下地と工程。



じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは



メッキの良し悪しは下地で決まるというのは知られているが、塗装もまったく同じこと。高級車は、溶接、組み立てが終わったボディを、塗装する前に表面を研磨して、溶接の継ぎ目などもツライチに仕上げている。プレスの跡、切り返しの凹面も平滑に修正。



これらの手間ひまがまず違う。



高級車のボディは塗膜が厚くなる!

工程は、普通のクルマだと3工程。



1.ホワイトボディをプライマリー塗料が貯まったプール(塗装漕)にクルマを浸し電着



塗装(プライマリー塗装 ドブ漬け)→高温乾燥室で焼き付け



2.中塗り→焼き付け



3.上塗り→焼き付け



このように3回塗って、3回焼き付けることを、3コート・3ベークという。



メタリックカラーの場合は、上塗りのあと、クリアを塗ってから焼き付けるので、4コート・3ベーク。



これが高級車になると、上塗りを二度に分けて重ね塗りをするので、4コート・4ベークになるので、塗膜が厚く、クオリティがアップする。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    他の人から聞いた話だが、ホンダは昔から手抜き塗装の王様。特に新車の場合は納車されたら直ぐ確認を。その場で手抜きを見つけても実費請求してくるから。車両交換も拒否な上に、責任も認めず謝罪もしないと言う。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。