直前まで走れてたのに突然ウンともスンとも言わなくなる! 誰にでも起こるクルマのバッテリーの「突然死」とは

最近の高性能バッテリーは寿命がわかりにくい

「バッテリーの突然死」という言葉を聞いたことがあるだろうか?



従来のバッテリーは、エンジンのかかりが悪くなったり、エンジンの回転によってヘッドライトの明るさが変わるといった症状から、バッテリーの寿命が使づいてきたことを察知することができたが、最近の高性能バッテリーは、ダウンする直前まで最善の仕事をしてくれるので、寿命期の症状が表れずに突然死するケースが珍しくない。



とくにプッシュボタンでスタートさせるクルマやアイドリングストップ付きのクルマだと、ECUが始動しやすく制御しているので、エンジンのかかりやすさでバッテリーの劣化の兆候を掴むのは難しい……。



直前まで走れてたのに突然ウンともスンとも言わなくなる! 誰にでも起こるクルマのバッテリーの「突然死」とは



バッテリーの突然死を回避するには、CCA(コールドクランキングアンペア)値が計れる専用のテスターで小まめに点検するのが一番。



直前まで走れてたのに突然ウンともスンとも言わなくなる! 誰にでも起こるクルマのバッテリーの「突然死」とは



しかし、不幸にも出先でバッテリーが突然死してしまった場合はどうすればいいのか?



オルタネーター等、充電系に異常がない場合、通常は走行中にバッテリーが突然死することはないが、もしクルマが止まったところが、人に迷惑をかける場所や危険な場所なら、ギヤをニュートラルにして、クルマを押してでも安全な場所に移動する。



ハイブリッド車が他車を救援することはシステム上できない

それが難しい場合は、三角表示板を出し、発煙筒を焚いて、周囲のクルマに停車車両があることを知らせる。ハザードも点滅させたいが、バッテリーが空っぽの場合、それも難しいので、ボンネットを開けておくのもひとつの目印に!?


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「直前まで走れてたのに突然ウンともスンとも言わなくなる! 誰にでも起こるクルマのバッテリーの「突然死」とは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    セルの一個が悪くなっても止まるからな、だから全部交換ですとかは無いから、一個づつ調べて使えるバッテリーはそのままにする車屋は良心的

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。