新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV

       

先代よりも迫力アップしたスタイリングに注目

メルセデス・ベンツ日本は、スタイリッシュなスタイリングが人気のSUV「GLEクーペ」の新型モデルを発表し、注文受付を開始した。納車は2020年6月下旬よりスタートする。



GLEクーペは2016年に誕生し、今回の新型が2代目となる。ラインアップされるのは、直6ディーゼルエンジンを搭載するGLE400d 4MATICと、48V電気システム&電動スーパーチャージャーを組み合わせ、可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の4輪駆道システム「AMG 4MATIC+」を採用するメルセデスAMG GLE53 4MATIC+の2モデルだ。



新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV



ボディサイズは先代モデルと比較し、全長は+65mm、全幅は+5mm、全高は−15mmと存在感あるスタイリングに進化。ホイールベースも+20mmとなっているが、GLEよりも60mm短いため、スポーティさがより際立っている。



新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV



フロントマスクは、メルセデス・ベンツのSUVがもつ特徴と、クーペらしさを強調するデザインを融合。シングルルーバーのダイヤモンドラジエーターグリルは、メルセデス・ベンツのクーペモデルのデザインを踏襲している。ルーバー開口部は、フロントアンダーガードのような、SUVをらしい特徴を与えている。AMGラインは、グリルは下向きかつA字型に広がっており、ダイヤモンドラジエターグリルのピンにはクロームを用いた。



新型メルセデス・ベンツGLEクーペ誕生 ラグジュアリーとスポーティを高次元で融合したSUV



インテリアは、高級感あふれるデザインと、MBUXなど最新のデジタル技術が融合している。ダッシュボードには12.3インチのワイドディスプレイとコックピットディスプレイを装備し、1枚のガラスカバーで融合。ドアパネルまで流れるような先進的なデザインとしている。また、センターコンソールには、SUVモデルならではの装備として、大きなグラブハンドルを左右に設けている。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。