高速道路の「120km/h」は危険か否か? レーシングドライバーが語る「運転者の意識」向上の必要性とは

高速道路の「120km/h」は危険か否か? レーシングドライバーが語る「運転者の意識」向上の必要性とは
       

クルマ自体の安全性を高めるのも重要な要素のひとつ

国内の最高速度は高速道路での100km/hが上限とされてきた。クルマの性能は年々高まり、高速道路での車線も増え、交通環境も良くなるなど環境も変化。近年では東名高速の一部区間で、最高速度が120km/hに引き上げられている。そうすると、必ず異論を唱える人も出てくる。絶対速度の高さは交通安全に及ぼす影響が大きく、走行速度は低ければ低いほど安全であるという意見を持つ人たちだ。はたしてそれは正しい意見と言えるだろうか。



最高速度120km/h区間はそれ以上の速度での走行は違反となるが、そこを110km/hや100km/hで走っても違反にはならない。ただ走行区分の決まりがあるので、追い越し車線をだらだらと走り続ければ120km/hでも100km/hでも違反ということになる。近年問題となっている煽り運転の厳罰化からも、走行区分を正しく走ることの重要性が再認識されているという状況だ。



高速道路の「120km/h」は危険か否か? レーシングドライバー...の画像はこちら >>



しかし、問題は違反かどうかを問うているわけではない。120km/hで走ることが安全であるかどうかが重要な論点だ。最高速度が300km/hも出るような最新の高性能車で言えば120km/hは低速に感じられる領域だろう。車両姿勢は安定していて直進性も高く保たれる。ブレーキ性能も優れていてフルブレーキをかければほんの数秒で停止できる。



高速道路の「120km/h」は危険か否か? レーシングドライバーが語る「運転者の意識」向上の必要性とは



だが20年も30年も前に生産されたようなクルマは、当時には優れた性能であったとしても、現在もそれが維持されているとは限らない。タイヤの摩耗、適性な空気圧、ブレーキパッドやブレーキディスクのコンディションなども完璧な状態に保たれているかわからない。最新のスーパーカーでもこうした基本部分のメンテナンスに齟齬があれば本来の性能は引き出せないことになる。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。