同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方

同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方
拡大する(全6枚)

新型のウワサもある話題のモデルを徹底比較!

SUV、クロスオーバーSUVは、アウトドアライフやキャンプなどでも大活躍してくれる万能選手というイメージがある。最低地上高の余裕を生かし、悪路、雪道も安心・安全に走ってくれる。



そんなSUV、クロスオーバーSUVに、走破性などとともにオールラウンダーだからこそ求められる重要な要件が、荷物の積載性。アウトドアやキャンプともなれば、かさばる荷物を積むことが多く、ラゲッジルームに乗り切らないから、後席の乗員の足もと、膝の上に乗せるしかない!? ではシャレにならない。もちろん、ルーフボックスで補う方法もあるが、できればゆとりのある積載性を持つSUV、クロスオーバーSUVを選びたいものだ。



そこで、同サイズのSUV、クロスオーバーSUVでも、積載性がこんなに違う! 見た目だけで選ぶと後悔するかも、というわけで。今、注目の同サイズのSUV、クロスオーバーSUVのラゲッジスペースの使い勝手を比較してみた。



まずはPHEVも加わった話題騒然の三菱エクリプスクロスと、新型のウワサで盛り上がっているアウトランダーである。両車で意外なのは、重い荷物の出し入れのしやすさにかかわる、ラゲッジスペースの開口部地上高だ。なんとなくアウトランダーのほうが高そうだが、実際にはアウトランダーの約720mm(開口部に段差なし)に対して、エクリプスクロスは約770mm(開口部に段差あり)と、アウトランダーのほうがラゲッジフロアは低めで、また開口部に段差がないため、バックドアを開けて、雨の日にもうれしいひさし付きのベンチ代わりになったりする。


この記事の画像

「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像1 「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像2 「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像3 「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像4
「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像5 「同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方」の画像6

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。