レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは

レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは
拡大する(全2枚)

インパネのデザイン性が上がってスペースが取れなくなっている

最近、あまり聞かなくなったのが、DINという規格。DINとはドイツの工業規格で「Deutsch Industrie Norm」の頭文字を並べたものだ。レンガの大きさを基準にしていると言われ、以前はオーディオのサイズでよく使われていた。



1DINと2DINがあって、具体的には前者が縦50mm、横が178mmで、後者は単純に縦に2倍となる。要はこのサイズで、どのメーカーもオーディオを作っていて、当初はラジオとカセットだけだったので、1DINが多く、CDの多連装やグラフィックイコライザーなどが追加されるようになってスペースが足りなくなり、2DINが増えてきたという経緯がある。またインダッシュで固定式の大型モニターナビも2DINのものが多い。



レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DI...の画像はこちら >>



規格化できるということは、自動車メーカーにとってはコスト削減にもなるし、オーディオメーカーは汎用品として広く売ることができる。さらにユーザーとしては選ぶ範囲も広がるなど、基本的にはいいことづくめだった。



それが現在減っているのは、インパネのデザイン性が上がって1DINや2DINという規格スペースを取ることができなくなってきたというのがある。専用オーディオやすべてのAV機能を組み込んだナビを装着する例が増えているし、さらに電子制御の装備が増え、インパネの内部はユニットや配線だらけでオーディオを入れるスペースすらなくなっている。



入れるスペースがない場合はいわゆるオンダッシュで専用モニターを置くということになり、ますますDIN規格のスペースは関係なくなってしまう。もちろんコネクト化もそれを強力に後押しする。



もちろん1DINや2DINのスペースやオーディオ、ナビはなくなったわけではなく、今でも健在。とくに純正ではなく、社外品のAVユニットを使いたい人にとっては強い味方だ。少なくなることはあっても、当分は無くなることはないだろう。



レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは

この記事の画像

「レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは」の画像1 「レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは」の画像2

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。