直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!
拡大する(全17枚)

この記事をまとめると
■マツダより直6エンジンを搭載したSUV「CX-60」が発表された



■同社初のPHEVモデルも設定され、価格は299万円代~620万円代までの幅となる



■2022年9月から各モデルが順次販売される予定だ



ついに直6+FRのSUVがベールを脱いだ

CX-5の兄貴分にあたるマツダの新たなる2列シートのDセグメントSUV「CX-60」(シーエックスシックスティー)の予約受注がついに、2022年6月24日よりスタートする。それに先駆けて22日、日本仕様のさらなる詳細が明らかにされた!



直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも...の画像はこちら >>



CX-60は、新たに開発されたフロントエンジン縦置き・後輪駆動を基本とする「ラージ・アーキテクチャー」を初めて採用。エンジンは、縦置き用に改良され138kW(188馬力)と250Nm(25.5kgm)を発する2.5リッター直列4気筒ガソリンNA(自然吸気)「SKYACTIV-G 2.5」と、170kW(231馬力)と500Nm(51.0kgm)を発する新開発の3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 3.3」を基本とする。



直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!



また、前者に238kW(323馬力)と500Nm(51.0kgm)を開発目標値とするマツダ初のプラグインハイブリッドシステム「e-SKYACTIV PHEV」、後者に48Vマイルドハイブリッド「M HYBRID BOOST」と組み合わせ187kW(254馬力)&550Nm(56.1kgm)とした「e-SKYACTIV D」、ふたつの電動モデルも設定するとのこと。


この記事の画像

「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像1 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像2 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像3 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像4
「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像5 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像6 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像7 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像8
「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像9 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像10 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像11 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像12
「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像13 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像14 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像15 「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像16
「直6+FRを蘇らせたマツダに拍手! CX-60はメカニズムも質感も想像を超えたSUVだった!」の画像17