転落!体操レジェンド内村航平、まさかまさかの“プー太郎”に…

転落!体操レジェンド内村航平、まさかまさかの“プー太郎”に…
       
転落!体操レジェンド内村航平、まさかまさかの“プー太郎”に…の画像はこちら >>
コロナ偽陽性に契約打ち切り…内村航平に次々と立ちはだかる障壁 (C)週刊実話Web
今夏の開催が不安視されている東京オリンピックを「絶対に開催させる」と、最前線で訴えてきた体操競技の内村航平が、新型コロナウイルスに思わぬ反撃を食らった。

「プロアスリートの内村は2016年12月から企業の支援を得て、競技に専念してきました」(スポーツ協会担当記者)

内村が悲劇に見舞われたのは、緊急事態宣言が新たに7府県へ拡大される方向で調整されていた1月12日。所属契約を結んでいた外食チェーンのリンガーハットが、内村との「契約打ち切り」を発表したのだ。

その理由は、コロナ禍による業績悪化。想定をはるかに上回る事態となり、支援できなくなったのだ。

しかも、昨年12月末で終了したとのことで、内村は五輪イヤーに収入源を絶たれて〝無職〟となった。

「内村がプロになることを表明した16年は、リオデジャネイロ五輪の個人総合で五輪2連覇を果たした直後。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、17年3月からの5年契約を結びました」(同・記者)

5年総額4億円。21年2月末まで補償されていた「年収8000万円」が、一瞬にしてパーになったことになる。

内村航平の前に次々と立ちはだかる障壁…


「何とかできる、どうにかできるやり方が必ずあると思うので、どうか『できない』と思わないでほしい!」

コロナの猛威にさらされる中、国民の大半が「東京五輪の開催は無理。中止すべき」との見方が広がり始めた昨年11月、内村は国際体操大会の閉会式で、異例のマイクパフォーマンスも見せていた。

同大会前にはPCR検査に引っ掛かり、「偽陽性」の誤診で練習ができなかった悲劇を乗り越えてきたが、今回も障壁を乗り越えることができるのか?

「内村はまだ、五輪出場を確実にしていません。年齢的な衰えや故障もあって、団体メンバー入り一本に絞って奮闘してきましたが、赤信号が灯ったと言えるでしょう」(関係者)

年末の時点で契約打ち切りは頭に入っていたという内村。今回の障壁は、これまでのどんな問題よりも難易度が高そうだ。

当時の記事を読む

内村航平のプロフィールを見る
週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「内村航平」に関する記事

「内村航平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「内村航平」の記事

次に読みたい「内村航平」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 内村航平 引退
  2. 内村航平 筋肉
  3. 内村航平 連覇

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。