JRA重賞『アメリカJCC』(GⅡ)本誌競馬班厳選5頭!

JRA重賞『アメリカJCC』(GⅡ)本誌競馬班厳選5頭!
       
JRA重賞『アメリカJCC』(GⅡ)本誌競馬班厳選5頭!の画像はこちら >>
(C)JRA
過去10年を振り返ると、1番人気は【3・3・0・4】、2番人気は【3・1・2・4】とまずまずで、両馬がどちらも4着以下に沈んだ年はない。ただ、2頭同時に3着以内も2回だけ。「両雄並び立たず」となるケースが多い。なお、3連単は29万、16万、12万と、10万円台以上は3回で、万馬券未満は1回だけ。同じ古馬の中距離GⅡでも、先週の日経新春杯はハンデ戦で、このアメリカJCCは別定戦。ハンデ戦のほうが荒れているかと思いきや、日経新春杯は10万円台以上が2回で万馬券未満も5回。波乱度は、アメリカJCCのほうが全体的に高くなっている。

★アリストテレス
条件戦を2連勝し、いわゆる「夏の上がり馬」として臨んだ菊花賞では、王者コントレイルにクビ差まで迫る2着だったアリストテレス。直線はマッチレースに持ち込み、デッドヒートを繰り広げた。重賞は未勝利ながら、トータル成績は【3・2・0・1】で、唯一の着外はプリンシパルSの6着。クラスが上がっても堅実に走っており、鞍上も菊花賞に続いてルメール騎手が騎乗予定。これといった大物もいないメンバー構成を考えれば、ここは勝ち負けを期待される身だ。芝2200メートルでも、すみれSで2着、小牧特別で1着と問題ない。春のGⅠシリーズに向けて、GⅡのここはすんなりと突破しておきたいところだ。

★ヴェルトライゼンデ
春の実績もあり、神戸新聞杯でもトライアルらしい追い込みで2着だったヴェルトライゼンデ。それにより菊花賞ではコントレイルに次ぐ2番人気の支持を集めたものの、道中、手応えよさそうに追走しながら直線では伸びを欠き7着に終わった。現状、3000メートルは長すぎたのかもしれない。ホープフルSで2着、ダービーも3着と、世代トップクラスのポテンシャルは証明済みで、今回は5戦連続後塵を拝したコントレイルもいない。距離短縮となる2200メートルであらためて期待だ。

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。