「貴乃花の乱」に懲りず…時津風親方問題で露呈した相撲協会のアカン体質

「貴乃花の乱」に懲りず…時津風親方問題で露呈した相撲協会のアカン体質
「貴乃花の乱」に懲りず…時津風親方問題で露呈した相撲協会のア...の画像はこちら >>
未だ根強く残る相撲協会の悪しき体質 (C)週刊実話Web
大相撲界屈指の名門部屋が大揺れだ。いまだ燦然と輝く69連勝の双葉山を祖に持つ時津風部屋の師匠、時津風親方(元幕内・時津海)が初場所の最中、日本相撲協会の定める新型コロナウイルス対策のガイドランに違反し、連夜、こともあろうに麻雀店や風俗店などで遊びまわっていたことが判明したのだ。

時津風親方はすでに退職届を提出しているが、相撲協会はあえて受理せず、厳罰に処する方針。いったい、いつになったら大相撲界の〝悪しき体質〟は一掃されるのか――。

開いた口が塞がらないとは、このことだ。コロナ禍で開催が危ぶまれながら、平幕の大栄翔が出身地の埼玉に初の賜杯をもたらし、テレビ視聴率も16.7%(関東地区)という高い数字をはじき出した初場所千秋楽。あと一歩というところで競り負けた大関・正代は、「最後に、ちょっとあと味の悪い内容になってしまいました」と肩を落としたが、師匠がこんなことをしていては追いつけるはずもなかった。

日本相撲協会は、ウイルス感染に弱い競技体質を持つため、新型コロナに対して人一倍神経を尖らせ、力士が外出する際もいちいち師匠の許可を義務付けるなど、厳しいガイドラインを設けている。そんな努力の甲斐があってか、途中で感染が広がった場合、打ち切りも予想された初場所はなんとか最後まで完走した。

「15日間、無事にやってこれた。本当に感謝しています。力士も行事も呼出も床山も、そして親方衆も家族も、よく頑張ってくれた」

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「貴乃花」に関する記事

「貴乃花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「貴乃花」の記事

次に読みたい「貴乃花」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 貴乃花 相撲協会
  2. 貴乃花 若乃花
  3. 貴乃花 退職

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。