超巨大『南海トラフ』地震の兆し? 深海魚の”異変”が示す「Xデー」

超巨大『南海トラフ』地震の兆し? 深海魚の”異変”が示す「Xデー」
超巨大『南海トラフ』地震の兆し? 深海魚の”異変”が示す「X...の画像はこちら >>
リュウグウノツカイなど深海魚の異変は巨大地震の兆し?(画像)Dotted Yeti / Shutterstock
静岡県沖の駿河湾で、体長1メートル、体重24キロを超える大型の新種深海魚が海洋研究開発機構の研究グループなどによって捕獲(2016年)され、『ヨコヅナイワシ』と名付けられた。ヨコヅナイワシは駿河湾の深海の食物連鎖の最上位に位置することから〝横綱〟と冠せられたわけだ。

駿河湾といえば、昨年12月、沼津市のマリンパークの浅瀬を泳いでいる体長50センチのリュウグウノツカイの稚魚が発見された。

「深海魚のリュウグウノツカイが浅瀬で見つかるのは非常に珍しいことです。海底で地殻変動が起きているのではないか、と疑いたくなる。新種の深海魚ヨコヅナイワシの発見といい、大地震の発生が懸念されます」(全国紙社会部記者)

駿河湾では特産であるサクラエビの漁獲も記録的な不漁が続いている。水揚げ量は直近でピークとなった1999年の2451トン以降は減少傾向が続き、2019年は175トン、2020年春漁期はわずか26トンにまで落ち込んだ。2020年秋漁期は約100トンと若干持ち直したものの、低水準は続いている。

武蔵野学院大学特任教授(地震学)の島村英紀氏が解説する。

「人間と比較すると、サクラエビなどの生物は一桁も二桁もセンサーの感度が高い。地震が発生する前には、震源周辺の地面や大気に微弱な音や電気、電磁波などが発生すると言われます。ナマズが地震発生を感知するという説は、あながち迷信ではない。ナマズは非常に目が悪く、他の生物が発する微弱な電気を感知して、エサを捕まえるという習性があります。真っ暗な深海に生息するサクラエビも同じような能力を持ち、海底で地殻変動の予兆を感じ取ることができるといわれる。こうしたことは地震学では実証されてはいませんが、駿河湾は

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク