東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震
東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震の画像はこちら >>
mTaira / Shutterstock
M(マグニチュード)7.1、震度6強の地震(2月13日午後11時8分頃)が発生した福島県沖から400キロメートル余り離れた伊豆・三宅島で異変が起きた――。2月15日、砂浜を埋め尽くすように大量のイワシやサバが打ち上げられたのだ。

浜を管理している東京都の三宅支庁によると、「イワシは600メートルにわたっており、これほど大量の魚が打ち上げられたのは聞いたことがない」と話している。

武蔵野学院大学特任教授(地震学)の島村英紀氏が指摘する。

「東日本大震災の震源となった地点の南北で留め金が外れやすくなっている。一方、首都圏ではフィリピン海プレートが活性化し、首都直下地震はいつ起きてもおかしくない。イワシの打ち上げの原因は、今のところはっきりしません。東京都は〝毒物の可能性もあるから絶対、食べないように〟と言っているらしいが、イワシには人間に比べると、一桁も二桁も感度のいいセンサーがあり、海中の磁気や電流を感じ取ることができる。近く大地震が発生するとすれば、震源から発せられるそうしたサインをキャッチできるのです」

東日本大震災から3月11日で10年、首都圏の南北で巨大地震の発生する確率が高まっているわけだ。

東日本大震災は、陸側の北米プレートに海側の太平洋プレートが沈み込む境界で発生した。地震調査委員会の平田直委員長は「10年たって余震の数は減ったが、少なくとも今の状況はあと10年くらい続く」との見解を示している。

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「福島県」に関する記事

「福島県」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福島県」の記事

次に読みたい「福島県」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日の社会記事

キーワード一覧

  1. 福島県 観光

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。