無罪組員が別の襲撃事件で逮捕…六代目山口組“戦闘員”たちの実態

無罪組員が別の襲撃事件で逮捕…六代目山口組“戦闘員”たちの実態
無罪組員が別の襲撃事件で逮捕…六代目山口組“戦闘員”たちの実態の画像はこちら >>
無罪組員が別の襲撃事件で逮捕…六代目山口組“戦闘員”たちの実態 (C)週刊実話Web
神戸山口組・小嶋恵介舎弟(二代目中野組組長=大阪堺)が、昨年10月、堺市の駐車場において、催涙スプレーで襲撃された事件に進展があった。大阪府警が2月16日、六代目山口組の直系組織である十一代目平井一家(薄葉政嘉総裁=愛知)傘下の井上勲幹部と大久保俊吾幹部を傷害容疑で逮捕したのだ。

「被害者は軽傷でしたが、神戸側へのプレッシャーが強まっていた時期でもあり、当局は対立事件とみて捜査していました。この逮捕は、他県警でも注目されました」(全国紙社会部記者)

注目が集まったのは、またしても六代目山口組による攻撃だったという点だけではなかった。逮捕された井上幹部について、取り沙汰されたのだ。

「平成30年の3月7日に、兵庫県尼崎市の路上で神戸側の古川恵一幹部が工具などで殴られ、全治1カ月のケガをした事件があったやろ。あのとき、平井一家の組幹部2人と井上幹部が傷害容疑で逮捕、起訴されたんやが、その後の裁判で、井上幹部は無罪になっとるんや」(地元記者)

公判で組幹部2人は、井上幹部の共謀について否定。検察側は、下見を含めて現場までの運転手を務めた井上幹部も、その目的を知っていたとして追及した。

「古川幹部の親族が経営しとって、本人も出入りしとる飲食店の前を、井上幹部が車で複数回通っとることなどを上げたんや。神戸地裁の判断は、組幹部2人のほうが井上幹部よりも立場が上で、虚偽の供述をしてまでかばう必要性は見出せないと。『目的を告げると緊張して失敗することも考えられ、外部に漏れないよう情報も最低限にとどめておきたかった』との証言は、不合理ではないとしたんや。よく言われるヤクザの行動原理に照らし合わせた上での判決でもあったで」(同)

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。