“東京五輪中止”後の『新国立競技場』転用こそ橋本聖子会長へのご褒美?

“東京五輪中止”後の『新国立競技場』転用こそ橋本聖子会長へのご褒美?
“東京五輪中止”後の『新国立競技場』転用こそ橋本聖子会長への...の画像はこちら >>
“東京五輪中止”後の『新国立競技場』の用途はサッカーか野球か(画像)Tomacrosse / Shutterstock.com
迷走の末、女性蔑視発言で辞任した森喜朗元総理の後任に、橋本聖子五輪担当大臣の就任が決まった。「貧乏くじを引かされた」の声もあるが、話は逆。託されたのは利権が潜む「五輪中止後の新国立競技場の処理」。ここにプロ野球本拠地問題が再浮上――!

全国紙では報じられていないが、今回の東京オリンピック・パラリンピック組織委員長交代のドタバタ劇の裏に、新国立競技場の五輪後の後処理問題が隠されている。当初、後任には森氏が推す川淵三郎氏(元日本サッカー協会会長)で決まりとみられ、川淵氏自身も受諾の意向を報道陣に明かしていたが、官邸や組織委員会幹部から「選考過程が不透明」と横槍が入り、一転して消滅。結局、菅義偉首相が推す橋本氏の就任で一件落着した。

しかし、その背景にあったのが、森氏が隠密に進める新国立競技場を世界的なサッカー場に改修するという計画だった。森氏が川淵氏へ強引に禅譲を図ったことでそれが発覚、政府が待ったをかけたのである。官邸番記者が明かす。

「各メディアの世論調査では、国民の約8割が『五輪は開催すべきではない』と反対しています。当然、森氏も中止を視野に入れていましたが、とても口にできなかったのです。各競技場の維持管理や仮設の撤去、復旧など、難題が山積していますから。その意味でいうと、今回の辞任劇は渡りに船。しかし、好んで火中の栗を拾う人はなく、辞任するにあたって川淵氏と橋本氏に候補を絞り、2方向で後処理計画を主導したのが真相です。言葉を換えれば、プロ野球とサッカーの代理戦争に行き着きます」

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月3日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。