六代目山口組“外交戦略”全容!~会津小鉄会が「統合新人事」を通達

六代目山口組“外交戦略”全容!~会津小鉄会が「統合新人事」を通達
六代目山口組“外交戦略”全容!~会津小鉄会が「統合新人事」...の画像はこちら >>
六代目山口組“外交戦略”全容!~会津小鉄会が「統合新人事」を通達 (C)週刊実話Web
新生・七代目会津小鉄会が始動した。2月下旬、各関係先に〈新役員人事御通知〉が送付されたのだ。

〈六代目山口組若頭弘道会総裁 髙山清司様の御口添を頂き 七代目会津小鉄会組織発展と尚一層の充実向上を図る為 令和三年二月吉日を以て先の通り新役員人事を執り行いましたので御通知申し上げます〉

約4年にわたり、六代目山口組(司忍組長)派と神戸山口組(井上邦雄組長)派に分かれていた七代目会津小鉄会が、名実共に統合。コロナ禍であることを鑑みて盃は執り行わず、新体制を発表したのだ。

トップに金子利典会長が座り、執行部は原田昇若頭、新原徹本部長、石本省二舎弟頭、前田剛組織委員長、6人の若頭補佐。さらに、道原利光相談役、山岡敏雄相談役の名も記されていた。

「髙山清司若頭が後見人になっとるから、六代目山口組の親戚団体になったわけや。分裂時、金子会長は神戸派、原田若頭は六代目派やったが、京都の名門・大瓢箪(会津小鉄会の代紋)を守るために、一本化を決意したんやろな。この統合が山口組の分裂にどう関わってくるか、みんな注目しとるで」(関西の組織関係者)

一部関係者の間では、今回の統合は六代目山口組による〝外交戦略〟の一環との見方もされた。

「一昨年10月に髙山若頭が出所し、その後、一気に武力行使が強まった。神戸山口組の古川恵一幹部が射殺され、昨年5月に池田組(池田孝志組長=岡山)若頭、11月には仲村石松若頭補佐(三代目古川組組長=兵庫尼崎)が撃たれた。神戸側の主軸やった五代目山健組(中田浩司組長=兵庫神戸)や池田組が脱退したが、まだ山口組の分裂が終わる気配はない。せやから、今度は外堀を埋めていく作戦なんと違うか」(同)

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「令和」に関する記事

「令和」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「令和」の記事

次に読みたい「令和」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。