大地震“Xデー”西日本大震災&首都直下…NZ沖M8.1がダメ押し!?

大地震“Xデー”西日本大震災&首都直下…NZ沖M8.1がダメ押し!?
大地震“Xデー”西日本大震災&首都直下…NZ沖M8.1がダメ...の画像はこちら >>
Binaya Mangrati / Shutterstock
東日本大震災から10年。地震活動期の真っただ中にある日本では、福島沖で発生したM(マグニチュード)7.1、震度6強の大地震(2月13日)を経験したばかりである。

「今の日本列島は9世紀とそっくりだと言われています。実際、地震が発生した場所、規模も実に似通っている。818年に北関東地震が発生したことで、9世紀の『大地変動の時代』が始まると、827年の京都群発地震、830年の出羽国地震が続いた。その後、841年に信濃国地震&北伊豆地震と相次ぎ、850年に出羽庄内地震、863年には越中・越後地震が起きているのです」(サイエンスライター)

地震との連動で火山活動も活発化した。838年に伊豆国の神津島、839年に出羽国の鳥海山が噴火すると、864年には富士山と阿蘇山、そして、871年に再び鳥海山、874年に薩摩国の開聞岳が噴火しているのだ。

時間は相前後するが、869年には1000年前の東日本大震災とも言われる貞観地震が発生した。その9年後の878年には、相模・武蔵地震(M7.4)と呼ばれる首都圏の直下型大地震が関東南部を襲っているのである。

武蔵野学院大学特任教授(地震学)の島村英紀氏が語る。

「確かに〝今の日本の状況が9世紀の日本とよく似ている〟という地震学者は多い。あの時代に発生して今起きていないのは、首都直下地震と南海トラフ巨大地震だけです。しかも、両地震とも今度は相当大きいと予想されている」

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク