横綱・白鵬“恒例行事”の休場ウラ…相撲協会とのハレンチな攻防とは

横綱・白鵬“恒例行事”の休場ウラ…相撲協会とのハレンチな攻防とは
横綱・白鵬“恒例行事”の休場ウラ…相撲協会とのハレンチな攻防...の画像はこちら >>
白鵬が引退せず現役にこだわるわけとは? (C)週刊実話Web
東京・両国国技館で行われている三月場所3日目から、またまた横綱・白鵬が休場した。これで5場所連続、通算19回目だ。

「今回の休場は、今までで最も深刻です。初日、2日目と出場して快勝。これといった怪我をしたワケでもないのに、突然、医師から『こんな(右ひざの)状態で取ったら、もう相撲を取れなくなると言われた』と言い訳して、休場してしまったんですから。力士にとって下半身の怪我は命取り。白鵬はこの場所中にも手術し、2場所後の7月の名古屋場所で復帰すると話していますが、協会内には『もう復活は無理。1日も早く引退を決断すべきだ』と批判の声が渦巻いています」(担当記者)

どうして白鵬は、ここまで現役にしがみつき、晩節を汚し続けるのか。幕内優勝44回、通算勝利数1172勝、横綱在位81場所など、10個もの歴代記録を塗り替え、力士としての栄誉を極めつくしているのに、だ。白鵬に近い関係者は、次のように明かす。

「今もまだ手にしていないものが1つだけ、あるからですよ。白鵬は、それがどうしても欲しいんです」

白鵬と協会の“綱引き”は最後のヤマ場…


それは「一代年寄」だ。一代年寄は多大な功績のあった力士に贈られるもので、過去に大鵬、北の湖、千代の富士(辞退)、貴乃花らが授与されている。

その目安となるのが優勝回数20回以上で、すでに白鵬はその2倍以上の優勝をしている。白鵬は文句なしに一代年寄適格者なのだが、相撲協会は一向に授与する気配をみせない。

「原因はハッキリしている。これまで白鵬は勝負判定に文句をつけたり、協会批判をしたり、貴ノ岩暴行事件の現場にいたりと数々のトラブルを引き起こしている。そんな問題力士に大相撲界最高栄誉の一代年寄を与えていいものか、決めかねているんだ。白鵬がなかなか引退しないのは、『オレはこうして待っているから、さっさと決めろ』と、暗に協会に詰め寄っているわけ。この綱引きは最後のヤマ場を迎えている」(協会関係者)

果たして、勝つのはどっちか。優勝争いよりも熱が入っているのは確かだ。

当時の記事を読む

白鵬のプロフィールを見る
週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「白鵬」に関する記事

「白鵬」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「白鵬」の記事

次に読みたい「白鵬」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 白鵬 twitter
  2. 白鵬 モンゴル
  3. 白鵬 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。