神戸山口組元最高幹部が本誌独占インタビューで“分裂抗争”の真相を激白!

神戸山口組元最高幹部が本誌独占インタビューで“分裂抗争”の真相を激白!
神戸山口組元最高幹部が本誌独占インタビューで“分裂抗争”の真...の画像はこちら >>
神戸山口組奥浦清司元顧問 (c)週刊実話
東大阪市内の喫茶店に現れた神戸山口組(井上邦雄組長)・奥浦清司元顧問は、開口一番、「ホッとした」と安堵の表情を見せた。定例会などで漂わせる緊迫した雰囲気はなく、時折、思いを馳せるように窓の外を眺めて言葉を続けた。

ただ、引退後の「新しい人生」に触れると、眼光は鋭くなり口調も熱を帯びた。

「ヤクザでも俺みたいな人間がおんねん、ということを伝えたいんや」

半世紀にわたって歩んだ渡世。足を踏み入れるきっかけとなった「ボンノ」こと菅谷政雄組長との縁、「一番好きやった」と話す波谷守之・波谷組組長との秘話、そして、自身も渦中に身を置いた山口組の分裂について、胸中を明かした。

明治生まれの両親は九州出身で、共に教職員だった。大阪で結婚し、戦中の昭和18年、奥浦元顧問は旧枚岡市(現・東大阪市)で長男として生を受ける。

「両親には、ようどつかれたわ。『先生、先生』呼ばれて厳しかったからね。生活は裕福でもなく貧しくもなく、普通やった。でも、物心付いたのは戦後やったから、『ギブ・ミー・チョコレート!』言うて進駐軍のジープ追いかけてね。黒人の兵隊のほうがよくくれる言うて。その頃はみんな親が死んだり、満州から引き揚げてきたりいろいろあって、私も小学校高学年ごろからヤンチャになっていった。竹のムチでようどつかれとったけど、暴力言うても愛情やったね」

人一倍、正義感が強く、教員のやり方に納得できないことも多々あった。

あわせて読みたい

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。