京都・長岡京「ワラビ採り主婦2人強姦殺人事件」と“もう1つ”の未解決事件

その後、2人は警察に通報。警察や消防隊も加わった大規模な捜索が行われると、失踪から2日後の25日、山の頂上付近で無残な姿で発見されたのだった。

見つかったAさんには、全身30カ所以上にわたって殴打痕があった。肋骨9本が折れており、肝臓も破裂していた。体内からは、犯人のものと思われる体液が検出された。死因は、首を絞められたことによる絞殺死だった。

若いBさんは、Aさん以上に執拗な暴行を受けており、殴打は全身の50カ所に及んでいた。胸には肋骨を貫通して心臓にまで達するほどの、致命傷となった包丁が突き刺さったまま。死因は、胸を刺されたことによる失血死だった。

「この男の人わるい人」のメモ書き


Bさんの下着やストッキングは引き裂かれており、着ていたジーパンや靴などが遺体の周辺に散乱していた。Bさんも性的暴行を受けていた可能性もあるが、犯人の体液は検出されていない。ただ、冒頭で元消防士の男性が証言したように、木の棒が陰部に入れられるなど、猟奇的な暴行を受けていた。

さらに、犯人は2人のアキレス腱を切断し、逃げ出せないようにしていたというのだ。

Aさんのズボンのポケットからは、不可解なメモが発見されている。

「オワレているたすけて下さいこの男の人わるい人」

犯人が複数だったのか、単独犯だったのか、定かではない。ただ、Aさんがどこかのタイミングでメモを書く時間があったこと、「この男」と書かれていること、犯人が2人のアキレス腱を切断して行動の自由を奪っていることから推測すると、単独犯である可能性が高い。

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク