潜入撮!山口組司六代目、髙山若頭と住吉会関代表が浜松市で極秘会談

潜入撮!山口組司六代目、髙山若頭と住吉会関代表が浜松市で極秘会談
潜入撮!山口組司六代目、髙山若頭と住吉会関代表が浜松市で極秘...の画像はこちら >>
(C)週刊実話 無断転載禁止
5月8日、六代目山口組の直系組織で、静岡県浜松市に本拠を構える「二代目國領屋一家」の前には、地元の静岡県警のみならず、警視庁や愛知県警、兵庫県警などの捜査員が集結。些細なことも見逃さないように、無言で本部を注視し、威圧的な雰囲気を漂わせていた。

それもそのはず、建物内には六代目山口組の司忍組長と髙山清司若頭がおり、客人を出迎えていたからだ。

「前日になって突然、司六代目と住吉会の関功代表が会うという情報が入ってきたんや。毎年、時候の挨拶で関代表が個人的に訪問して、昨年の12月にも顔を合わせとるが、今回は挨拶の時期やないから、予想外やったで」(ベテラン記者)

代目を譲った関代表の“慰労会”か


住吉会では、4月20日に関会長体制から小川修司会長の新体制が発足し、関会長は「代表」に就いたばかりだった。

「今回も司六代目への個人的な訪問だとみられたが、浜松駅まで六代目山口組の最高幹部たちが出迎えに行っとった。住吉会側も、関代表と柴崎靖忠・馬橋一家七代目総長と児島秀樹・京王会会長たちが同行するなど、いつもと同じ訪問のメンバーやったで」(同)
潜入撮!山口組司六代目、髙山若頭と住吉会関代表が浜松市で極秘会談
(C)週刊実話 無断転載禁止
長時間に及ぶと思われたが、約40分後には駐車場のシャッターが上がり、すでに送迎車が配置についていた。

捜査員らが鋭い視線を向ける中、引き揚げる関代表は、六代目山口組の中核組織である三代目弘道会・竹内照明会長の腕に手を添え、激励の言葉を掛けていた。

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク