太陽光巨額詐欺「テクノシステム事件」で政治家とのパイプを作った“黒幕”の正体

太陽光巨額詐欺「テクノシステム事件」で政治家とのパイプを作った“黒幕”の正体
太陽光巨額詐欺「テクノシステム事件」で政治家とのパイプを作っ...の画像はこちら >>
太陽光巨額詐欺「テクノシステム事件」“黒幕”の正体 (C)週刊実話Web
金融機関に嘘の書類を提出して融資金約11億円を騙し取ったとして、東京地検特捜部は5月27日、太陽光発電関連会社『テクノシステム』社長の生田尚之容疑者(47)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。

特捜部の捜査の進展次第では、今後、政界にも波及する見通しが強まっている。

生田容疑者らの逮捕容疑は昨年3月~7月ごろ、太陽光発電やバイオマス発電事業への融資をめぐり、虚偽の名目で融資申込書などを提出、阿波銀行(徳島県)と富士宮信用金庫(静岡県)から計約11億6500万円を騙し取ったというもの。

「他にもテクノ社は同じ手口で、金融持ち株会社『SBIホールディングス』傘下の金融ネット仲介会社『SBIソーシャルレンディング』から約400億円の融資を受けていた。SBIグループや信用金庫がなぜ、こんなに簡単に騙されるのか? その理由の1つはテクノ社の広告塔として小泉純一郎元首相が協力していたからでしょう。また、テクノ社の影の実力者といわれているのが、世界最大級の洋上風力発電を計画する企業のH代表です。H氏は小泉元首相が常連の赤坂の小料理屋『津やま』の女将を生田社長に紹介したことから、小泉元首相とパイプができた。テクノ社に対しては、融資先の金融機関に〝小泉元首相の写真を見せて信用させろ〟と資金調達の指南役を務めていた」

と語るのは、テクノ社の詐欺事件を取材するフリーライター。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク