侍ジャパン稲葉代表監督の「五輪後」は…中日ドラゴンズ監督に招聘か

侍ジャパン稲葉代表監督の「五輪後」は…中日ドラゴンズ監督に招聘か
侍ジャパン稲葉代表監督の「五輪後」は…中日ドラゴンズ監督に招...の画像はこちら >>
(C)週刊実話Web
東京オリンピックの野球競技の決勝戦(8月7日、横浜スタジアム)を前に、中日ドラゴンズが地元の愛知県出身で中京大中京高のOBでもある稲葉篤紀・侍ジャパン監督の招聘に舵を切った。

「金メダル獲得」を前提に、有力候補だった立浪和義、山本昌両氏を押し退け、次期監督に一本化! 獲得に乗り出したというのだ。

現在、中日を率いる与田剛監督は、今季が3年契約の最終年。中日の大島宇一郎オーナーは7月27日、名古屋市中区の中日新聞本社に与田監督を呼び、リーグ4位、借金10で終えた前半戦の報告を求めた。前半戦報告は、巨人や広島などでは恒例行事だが、中日では極めて異例。公式戦終了後のシーズン報告が慣例になっていた。

球団担当記者によれば、与田監督は「前半戦は点が取れず、期待に沿える戦いができなかったが、後半戦は戦力を立て直し、クライマックスシリーズ出場圏内(3位以内)を目指す」と報告したが、オーナーは「結果に満足していない」とクールな応対。今季で契約満了の球団方針を示すとともに、次期監督について意見交換を行ったという。

「ポスト与田監督」については、これまで待望論が根強い立浪和義氏を筆頭に、山本昌氏らが有力視されてきた。しかし与田監督が後任に推したのは、侍ジャパンを率いている稲葉氏だという。

「ドラゴンズファンの間で人気の高い立浪氏と山本氏では、どちらが監督に就いても贔屓の引き倒しとなり、巨人や阪神の域を出ないと。パ・リーグを凌駕するには、思い切った新血の注入を進言したそうです」(前出・担当記者)

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク